english japanese german

astah* SysML 拡張用 API、プラグイン情報

astah* SysML APIについて

astah* SysMLのモデルデータを活用したアプリケーションソフトウェアを開発するための Javaインターフェース群です。これを用いて astah* SysMLのモデルや図、図要素を取得、作成、編集できます。 仕様は Javadocをご覧ください。

astah* プラグイン機構

astah* に自作の機能を追加して機能拡張を実現する仕組みです。プラグイン開発は、astah* Plug-in 開発チュートリアルをご覧ください。

使用許諾

  • astah* APIの.jar形式ファイルであるastah-api.jarの再配布を禁止します。
  • その他のastah* API使用上の許諾事項は「astah使用許諾契約書」に準じます。

astah* SysML API 利用要件

  • astah*を実行できる Java実行環境
  • astah*本体をインストールしていること
    • アプリケーションのコンパイルには、astah-api.jarが必要
    • アプリケーションの実行には、astah-api.jarと、astah-sys.jarが必要
    • 実行時に大きなastah*プロジェクトファイルを扱う場合は、Java VMのメモリ管理オプション設定が必要
      VMの起動オプションとしての初期ヒープサイズ16Mバイト、最大ヒープサイズ256Mバイトを指定する例)-Xms16m -Xmx256m

サンプルアプリケーションを実行してみよう

各サンプルは githubで公開しています。ダウンロードしてご利用ください。

利用手順

  1. Astah Plug-in SDKをインストールします(サンプルのコンパイルと実行に使います)
  2. 使いたいサンプルについて github上のリポジトリをクローン(clone)します
  3. cloneで出来たフォルダを、コンソール上で作業フォルダに指定します
  4. ビルドを実行します
    astah-build
  5. コマンドを実行します
    astah-mvn -q exec:exec [-DmodelPath=YOUR_MODEL_PATH]

サンプル一覧