english japanese german

XMIインポートプラグイン

XMI形式のファイルからクラス図のモデル情報をインポートするプラグインです。

   概要


   インストール

  1. 上記Downloadボタンから、xmi-x.x.x.jar ファイルをダウンロードします。
  2. .jarファイルを、astah*図上にドラッグ&ドロップします。
  3. プラグイン概要のダイアログが表示されるので[はい]を選択します。
  4. 次に表示されるメッセージに従ってastah*を再起動します。
    astahプラグイン
    ※[プラグイン]メニューは、バージョン7.2以降のみに存在します。 7.1以前をご利用の方はこちら。

   利用方法

  1. プラグインをインストールすると、[ツール]メニュー配下に[XMI]メニューが追加されます。その先にある[XMIインポート]をクリックします。
    XMIインポート
  2. ファイル選択ダイアログでxmiファイルを選択します。
  3. [インポート]というボタンをクリックするとインポートが始まります。
  4. インポートが完了すると「XMIファイルのインポートを終了しました。」というメッセージが表示されます。

   制限事項

  • 関連端の可視性の設定や、TemplateBinding,TemplateParameterはサポートしていません。
  • サポートサービスの対象外です。