english japanese

はじめに

astah*フローティングライセンスをご購入いただき、ありがとうございます。
このページでは、フローティングライセンス利用に必要なライセンスサーバの設定手順を説明します。ライセンス管理には Reprise社のReprise License Managerを使用します。
ライセンスサーバ設定済で、ライセンスの更新や追加の方は、ライセンスのアクティベーションへお進みください


システム要件

astah*ライセンスサーバがサポートするプラットフォームは下記です。

  • Windows (64bit)
  • Linux (x86-64)

その他スペックについては、Reprise社は公開しておりません。Reprise社が提供している性能確認用のツールがございますので、こちらをご確認ください


必要なファイル

ライセンスサーバに必要なファイルは下記です。

  • Reprise社のライセンスマネージャー (Windows: rlm.exe | Linux: rlm - ver.12.3)
  • 弊社提供のISVサーバ (Windows: cvastah.exe | Linux: cvastah)
  • ISVサーバオプションファイル (cvastah.opt)
  • ISV設定ファイル (cvastah.set)
  • ライセンスファイル (拡張子 *.licのファイル : アクティベーション時に発行します)


ライセンスマネージャーとISVサーバのダウンロード


1. ダウンロード

下記URLより、ライセンスサーバに必要なプログラムをダウンロードしてください。

download-windows
download-linux


ダウンロードされた圧縮ファイルに同梱されているファイルは下記の通りです。

Windowsの場合
  • rlm.exe
  • cvastah.exe
  • cvastah.opt
  • cvastah.set
  • register_service.bat
  • delete_service.bat
  • astah.lic

Linuxの場合
  • rlm
  • cvastah
  • cvastah.opt
  • cvastah.set
  • cvastah_sysvinit.sh
  • cvastah_systemd
  • astah.lic


Reprise社のライセンスマネージャーを既に運用している場合
下の2つのファイルを、既存のライセンスマネージャーと同じフォルダに配置してください。
  • ISVサーバ本体 (cvastah.exe or cvastah)
  • ISVサーバ設定ファイル (cvastah.set)

注意点
  • astah*は、RLM v12.3で動作確認しています。お使いのRLMがこれより古い場合はv12.3にアップデートしてください。
  • ライセンス取得時は、共通のポートをお使いください。
  • 他プログラムでお使いのISVがRLM v12.3に対応していない場合は、正常に動作しません。astah*が提供するRLMは、_w4というSDKを使用して作成している為、ISVは、_w3または_w4というSDKで作成されたものを使用する必要があります。


2. セットアップ

セットアップ方法は、WindowsとLinuxで異なります。



Windowsへのセットアップ

  1. Administrator権限を持っているユーザでログインします
  2. 圧縮ファイルを任意の場所に展開し、展開してできたフォルダ内のファイルを全て
    C:¥Astah¥Repriseに移動します
  3. サービス登録用のバッチ(register_service.bat)を実行します
  4. サービス登録完了後、サービスの自動起動などの設定を行ってください


Linuxへのセットアップ

  1. 圧縮ファイルを任意の場所に展開し、展開したディレクトリを任意の場所に移動します。ここでは、/opt/rlm/に移動したものとして説明します。
  2. デーモン起動用の設定をします。OSより設定方法が異なります。

    sysvinit

    同梱のsysvinit用の自動起動スクリプトを参考に、お使いのシステムに合わせて適宜変更の上、/etc/init.d等に配置しデーモンの登録を行ってください。起動スクリプトで指定するユーザーはrootでないユーザーを指定してください。

    systemd

    同梱のユニットファイルを参考に、お使いのシステムに合わせて適宜変更の上、/usr/lib/systemd/system/rlm.service等のsystemdのユニットファイルのディレクトリに配置してください。配置後systemdをリロードしてReprise License Managerを起動してください。

systemctl daemon-reload
systemctl start rlm
    自動起動するには、以下のコマンドを実行します。
systemctl enable rlm


ライセンスのアクティベーション

ライセンスサーバの設定完了後、購入したライセンスのアクティベーションに進みます。
アクティベート日がライセンス利用開始日となります。動作開始日を指定することができませんのでご了承ください。(詳しく見る


1. ライセンスWeb管理画面を開く

  1. ライセンスマネージャのWeb管理画面をブラウザで開きます。
    URLは下記です。ポート番号のデフォルトは5054です。
    http:// ライセンスマネージャのホスト名 : ライセンスマネージャのWeb管理画面ポート番号

    URL例) ホスト名がrlmserver、ポート番号が5054の場合
    http://rlmserver:5054


  2. URLが正しければ、このようなWeb管理画面が開きます。
    RLM License Manager


2. ライセンスをアクティベートする

ライセンスのアクティベーションには、インターネットへの接続が必要であり、下記の通信が許可されている必要があります。(※POSTメソッドであることにご注意ください)
尚、コマンド等のCUIによるアクティベーションはできません。



実際のHTTP通信(ヘッダ部分のみ)

POST /cgi-bin/ cvastah_mklic HTTP/1.0
Host: www.hostedactivation.com
User-Agent: RLM_ACTIVATION/1.0
Content-Type: application/x-www-form-url encoded

また、Linux環境でプロキシサーバを利用している場合は、ライセンスサーバが動作するマシンに下記の環境変数を設定する必要があります。

例: サーバ名:myproxyhost, ポート番号:8765の場合

HTTP_PROXY myproxyhost:8765

ベーシック認証が必要な場合は、以下の環境変数も設定してください。

例: ユーザ名:joe, パスワード:joes_passwdの場合

HTTP_PROXY_CREDENTIALS joe:joes_password
  1. ライセンスWeb管理画面を開きます
  2. 左メニューから[Activate License]メニューを選択します
    astah license menu
  3. ページ内の[BEGIN License Activation]ボタンを押します
    astah license menu
  4. 次画面でwww.hostedactivation.comと入力して[Next]を押します
    astah license menu
  5. 下記内容を入力して、[Next]ボタンを押します

    ISV cvastah
    License activation key ライセンス通知書に記載のアクティベーションキー
    astah license menu
  6. 次画面では、下記内容を設定して、[Next]を押します

    License Server or Node-lock hostid 変更しない
    License count (for floating licenses) 購入ライセンスの本数
    astah license menu
  7. 次に、生成するライセンスファイル名を指定します。生成するフォルダをライセンスサーバ本体と同じフォルダ(Windowsはrlm.exe、Linuxはrlmをインストールしたフォルダ)に指定し、フルパスで指定します
    astah license menu
  8. ライセンス情報が表示されます。内容を確認して問題なければ[REQUEST LICENSE]を押します。修正が必要であれば[Back]を押して、該当項目の入力画面まで戻り修正してください。
    astah license menu
  9. アクティベーションが成功すると、以下のような画面が表示されます。ライセンスサーバの再起動が必要になりますので、[(Re)Start License Server]をクリックします
    astah license menu
  10. [cvastah]を選択して、[REREAD/RESTART]をクリックします
    astah license menu


3. アクティベーション中のトラブル

トラブルシューティングをご参照下さい。




オフライン環境等によりアクティベーションできない場合やアクティベーションに失敗する場合は、弊社でアクティベーションを代行します。
下記2点を 問合せフォームよりお知らせください

  1. 16桁のアクティベーションキー
  2. アクティベーション時に表示される、ライセンスサーバのHostid
    (下の画像赤枠内)
    Floating HostID
  • ご注意ください!
    • アクティベーション代行ご依頼日、または翌営業日にアクティベートを行います。アクティベートをした日が、ライセンス動作開始日となります。
    • アクティベート日をご指定いただくことはできません。
    • ライセンスの有効期間は、アクティベートした日から370日間です。動作開始日を指定できないため、動作期間を365日より数日長めに設定していますので、余裕をもってご申請ください。





これでライセンスのアクティベーションが完了しました。
フローティングガイド・クライアント編に進んでください。