astah*

Japanese | English
Home astah* オンラインマニュアル

トピックを他のモデルに変換する

Eメール 印刷

UMLモデルに変換する

bullet1 図や構造ツリーのポップアップメニューを使う

トピックのポップアップメニューから、[UMLモデルに変換する]をクリックします。変換可能モデルはクラス、インターフェース、アクター、ユースケースです。
ERエンティティは、ドラッグ&ドロップで変換します。

図が存在するパッケージに同名のUMLモデルが存在する場合は変換されません。
変換先のUMLモデルは、図が存在するパッケージに生成されます。

変換ダイアログの設定により、以下のハイパーリンクを設定します。

  1. 変換元のトピックから、変換先のUMLモデルへのハイパーリンク
  2. 変換先のUMLモデルから、変換元のトピックへのハイパーリンク
  3. 変換元のトピックのハイパーリンクを、変換先のUMLモデルにコピーする。

ERエンティティ、フローチャート、データフロー図などの要素に変換する

bullet1 ドラッグ&ドロップで変換する

構造ツリー上のトピックを選択し、ダイアグラムエディタ(マインドマップ以外の図)上にドラッグすると、UMLモデル変換ダイアログが表示される。

設定する項目

  • 選択 - チェックボックスがONの場合、変換する
  • 親 - 変換するトピックの親トピック
  • 名前 - 変換するトピックの名前
  • 種類 - トピックは以下の要素に変化可能
    図の種類 変換できる要素
    クラス図 クラス、インターフェース、パッケージ、サブシステム、インスタンス仕様、ノート
    ユースケース図 ユースケース、アクター、パッケージ、サブシステム、ノート
    ステートマシン図 状態、ノート
    アクティビティ図 アクション、ノート
    シーケンス図 ライフライン、ノート
    コミュニケーション図 ライフライン、ノート
    コンポーネント図 コンポーネント、分類子、成果物、ノート
    配置図 ノード、コンポーネント、インスタンス仕様、ノート
    合成構造図 構造化クラス、クラス、インターフェース、ノート
    フローチャート フロー要素、ノート
    データフロー図 プロセス、データストア、外部エンティティ、アンカー、ノート
    ER図 ERエンティティ、ノート
    要求図 要求、テストケース、ノート
  • パッケージ
    変換するUMLモデルを生成するパッケージを設定します。項目をダブルクリックし、パッケージダイアログを開きます。モデルの種類によってパッケージを設定できないものもあります。
  • 追加するハイパーリンクを選択する
    • 変換元のトピックから、変換先モデルへのハイパーリンク
    • 変換元のトピックから、変換先図要素へのハイパーリンク
    • 変化先のモデル/図要素から、変換元のトピックへのハイパーリンク
    • 変換元のトピックのハイパーリンクを、変換先のモデルにコピー

UMLモデルからトピックへの変換

構造ツリー上でUMLモデルを選択し、マインドマップにドラッグすることでUMLモデルからトピックに変換する。
変換したトピックには、自動的に変換前のUMLモデルへのハイパーリンクが追加され、変換前のUMLモデルには変換したトピックへのハイパーリンクが追加される。

 


他のツールとの連携

マインドマップのトピックは、選択してポップアップメニューからコピーすることで、テキストとして他のツールへコピー&貼り付けられます。

  • astah* からテキストへ、テキストからastah*へ
  • astah* からExcelへ、Excelからastah*へ
  • astah*から MindManagerへ、MindManagerから astah*へ
  • astah*から FreeMindへ、FreeMindから astah*へ
  • MindManagerやFreeMindでは、色や形などのスタイルはコピーできません。