astah*

Japanese | English
Home astah* オンラインマニュアル

マインドマップからRTF作成、PPT出力

Eメール 印刷

マインドマップやトレーサビリティマップのRTFドキュメントを作成したり、PowerPoint形式で保存したりします。
※トレーサビリティマップは astah* professionalで作成できます。

RTFドキュメント作成

bullet1 手順

  1. メインメニュー[ツール]-[マインドマップ]、または[トレーサビリティマップ]-[RTFドキュメント作成]をクリックする
  2. 表示されるダイアログで、次の項目を設定する
    • ファイル名を入力するか、[選択]ボタンから指定する
    • [オプション]ボタンから出力する形式や内容を詳細設定
    • ページ設定
    • 「作成したドキュメントを自動的に開く」にチェックを付けると、作成完了後、自動でRTFが開きます
  3. [作成]ボタンを押下し、数秒~数十秒(作成対象が多いほど時間がかかります)で、完了のダイアログが表示される

bullet1 オプション

基本
  • ハイパーリンク情報を含める、デフォルト[ON]
  • マインドマップのイメージを含める、デフォルト[OFF]
  • 図のイメージのフォーマット、デフォルト[*.PNG]
    JPG、EMFも選択可能
  • 図のイメージを別ファイルへのリンクとする、デフォルト[OFF]
    この機能を使うには正しいロケールのフォントを選択する必要がある。
出力形式
  • ルートトピック直下のトピックを見出しレベル1にする
    (PowerPointで開いた時にトピック毎に別スライドになる)
フォント
  • ドキュメントのフォント
  • トピックのフォントスタイルを使用する、デフォルト[ON]
  • トピックの文字色


PowerPoint作成

手順

  1. メインメニュー[ツール]-[マインドマップ]-[PowerPoint 作成]をクリックする
  2. ダイアログが開きます。
    mm_to_ppt
    ファイル名を入力するか、[選択]ボタンから指定する。
    「作成したドキュメントを自動的に開く」にチェックを付けると、作成完了後、自動でPPTが開きます。
  3. [作成]ボタンを押下する。