astah* System Safety : XMIインポート / エクスポート


Cameo Systems Modelerとのモデルデータの入出力に対応しています。


Cameo Systems Modelerからのインポート

Cameo Systems Modelerで作成されたプロジェクトファイルをXMI形式でインポートできます。 [ツール]-[UML/SysML]-[XMIインポート]-[Cameo SysML (.mdzip)]、または[Cameo SysML XMI(.mdxml)]を選択してください。

Cameoからのインポート

インポートできる図

  • 要求図
  • ブロック定義図
  • 内部ブロック図
  • パラメトリック図
  • アクティビティ図
  • シーケンス図

詳しい情報は、[ヘルプ]-[astah*リファレンスマニュアル]を開き、[インポート/エクスポート関連機能]-[Cameo Systems Modeler からのインポート]の項をご覧ください。



SysMLのモデルをXMIエクスポート

次の三つのファイル形式で、XMIエクスポートできます。

[ツール]-[UML/SysML]-[XMIエクスポート]-[OMG XMI 2.5 (.xml)]、または[Cameo SysML xMI (.mdxml)]を選択してください。

SysMLの図をXMIエクスポートする

エクスポートできるSysMLモデル

図の種類によって、Cameo Systems Modelerにインポートした際の表記が変わります。

  • ブロック定義図
  • 内部ブロック図
  • パラメトリック図
  • 要求図
    • 要求図要素は、[Id]区画、[Text]区画の両方が表示されます
  • ユースケース図
    • アクター図要素はアイコン表記になります
    • 図要素は[名前を楕円の中に表示]が適用されます
  • アクティビティ図
    • 図のフレームやパーティションのサイズが変わる場合があります
    • パーティションに属していない図要素が重なっている場合、インポート時に警告が表示されます
    • 格子状でないパーティションは、終端が閉じていない表示となります
    • フローが接続している入力ピンと出力ピンの矢印は、非表示となります
  • ステートマシン図
    • 状態図要素の縦領域は、横領域に変更されます
  • シーケンス図
  • モデル:パッケージ、ブロック、インターフェースブロック、制約ブロック、バリュータイプ、インターフェース、ユニット、QuantityKind、ポート、フルポート、プロキシポート、 ネスト、汎化、関連、依存、実現、Usage Dependencies、ノート
  • プロパティ:パート、関連、バリュー、フロー、制約、制約パラメータ

astah*からエクスポートした.mdxmlは、Cameo Systems Modeler 18.5以降、[File]-[Open Project]、または[File]-[Import From]-[Other MagicDraw Project]でインポートできます。(詳しい情報は、Cameoのユーザーマニュアル等をご参照ください。) Cameo Systems Modeler 18.5、19.0にて動作を確認しております。


未対応のSysMLモデル

  • SysMLの標準ライブラリをモデルとする図要素
  • 要求テーブル
  • テキスト、テキストボックス、長方形、角丸長方形、楕円、直線、フリーハンド、蛍光ペン、画像