2022年12月1日、astah* SysML Ver8.0をリリースいたしました。(→リリースノート)
メジャーアップグレード版 Ver8.0 へのアップデート方法をご案内します。
新しい機能を追加し、生まれ変わったastah* SysMLをぜひご利用ください。


アップデート方法

対象の方


手順

  1. 最新版のastah* SysML Ver8.0を、ダウンロードページよりダウンロードします。
  2. astah* SysML Ver8.0を起動します。
  3. Ver8.0用のライセンスキーを準備します。お手元にライセンスキーがある場合は、手順8以降をご確認ください。
  4. Change Vision Membersにログインします。
  5. 該当ライセンスのメニュー[ライセンスキーを再発行する]を選択し、次へボタンを押します。
  6. [ライセンスキーを再発行する]ボタンを押します。
  7. メールが届きます。メールに記載のURLより、ライセンスキー(.zip)をダウンロード、展開します。
  8. ライセンスキー(.zip)には、以下の2本のライセンスキーが含まれています。
    astah_sysml.lic(Ver8.0以降用)
    astah_sysml_license.xml(Ver1.5以前用)
  9. astah_sysml.licをastah* SysML Ver8.0に設定してください。
  10. Ver1.5以前で作成したファイル(拡張子.asml)は、[ファイル]-[プロジェクトを開く]から開くことができます。ただし、ファイルを開く際に制限があります
    Ver8.0以降で編集したファイルは、拡張子.axmzで新しく保存されます。元のファイル(拡張子.asml)に上書き保存はできません。
  11. 注意事項をご確認の上、Ver8.0へのアップデートを進めてください。

注意事項

  • Ver8.0より、モデルファイルの拡張子が、.asmlから.axmzへ変更になりました。
  • Ver1.5以前で作成した.asmlファイルを、Ver8.0以降で開き、編集することが可能です。ただし、ファイルを開く際に制限があります
  • Ver8.0で編集したファイルは、拡張子.axmzで保存されます。
    Ver8.0で編集した.axmzファイルを、Ver1.5以前で開くこと、編集することはできません。詳細は、互換性ページを確認ください。
  • Ver8.0以降、Linux版の提供を終了いたします。→システム要件
  • Ver8.0より、ライセンスキーの拡張子が、.xmlから、.licへ変更になりました。2022年12月1日以降、タイムドライセンスを新規登録/更新登録/再発行すると、以下の2本のライセンスキーがZip形式で圧縮されて届きます。

    astah_sysml.lic(Ver8.0以降用)
    astah_sysml_license.xml(Ver1.5以前用)

    使用するastah* SysMLのバージョンにより、設定するライセンスキーが異なりますので、ご注意ください。
  • astah_sysml.lic(Ver8.0以降用)では、Ver1.5以前を起動できません。
  • astah_sysml_license.xml(Ver1.5以前用)では、Ver8.0以降を起動できません。
  • ノードカウントライセンスのライセンスキー.xmlで、astah* SysML Ver8.0以降を使用できません。使用するためには、有効なノードカウントライセンス所有者向け特別ライセンスが必要です。
  • エンジニアリングパックのライセンスキー.xmlで、astah* SysML Ver8.0以降を使用できません。使用するためには、有効なエンジニアリングパック所有者向け特別ライセンスが必要です。


バージョンアップ前に評価する

  1. 最新版のastah* SysML Ver8.0を、ダウンロードページよりダウンロードします。
  2. astah* SysML Ver8.0を起動します。
  3. ライセンス設定を促すポップアップが表示されますが、[いいえ]をクリックします。
  4. トライアル期限を示すダイアログが表示されますので[OK]を押すと、20日間評価できます。

注意事項をご確認の上、ご試用ください。