english japanese german

図要素をまとめて移動


対象製品: astah* professional、astah* UML 7.0以上 (※6.9には「余白拡大/縮小ツール」としてシーケンス図に搭載)
対応図:クラス図、ユースケース図、シーケンス図、アクティビティ図、フローチャート(astah* professionalのみ)


図上の図要素を、まとめて簡単に移動できる機能です。
これまでは、既存の図に、新たに図要素を挿入する場合、そのスペースを確保する為に、周りの図要素を複数選択して移動する必要がありましたが、
この機能を使えば、スペースを挿入したい場所を基点にドラッグするだけ。 図要素の配置を崩すことなく、描画領域を作れます。また、不要なスペースを埋める事も可能です。
既存図の編集が、これまで以上にスムーズになり、作業効率が上がります。


メニュー

対応図のツールパレットの右端から5〜7番目にあるアイコンです

new_icons

使い方

例えば、このようなシーケンス図の矢印の位置に、新しいメッセージを挿入したい場合、

new_icons

「図要素をまとめて移動」を選択して、下方向にドラッグするだけ。モデルの配置を崩すことなく間隔を空けられます。

new_icons

もちろん左右への移動も可能です。矢印の位置に、新しいライフラインを挿入したい場合、

new_icons

「図要素をまとめて移動」を選択して、右方向にドラッグ。

new_icons