astah*

Japanese | English
Home Friend of astah* - あなたも astah*フレンドに

Friend of astah* プログラム

Eメール 印刷
astah_friendslogo_s

あなたもastah* Friend になりませんか。

現在、世界で50万人を超えるユーザーが私たちの製品を使っています。ユーザーの皆さまが口コミやブログ、記事や書籍の執筆といった様々な方法でastah*を応援してくださった結果と心から感謝しています。私たちの感謝の気持ちをぎゅっと詰めて、「Friend of astah*」プログラムを作りました。

Friend of astah* プログラムの内容

bullet1 対象となる方や組織

  • astah*に関する次の活動を実施してきた(実施予定)の方
    • 記事の発表
    • 論文や書籍の執筆
    • カンファレンスや技術イベントでのスピーチ
    • 継続したブログ投稿
    • astah* プラグインの開発と公開
    • astah* API サンプルプログラムの開発と公開
  • オープンソースプロジェクト
  • 非営利団体(NPO等)

(※個人・法人は問いませんが、astah*利用者に限ります。)

上記いずれかに該当し、本プログラムへの賛同を表明した後、所定の審査を経て認定を受けた方は、以下を利用できます。

  • ご自身のブログや記事での Friend of astah*ロゴの使用
  • Friend of astah* ページでの活動紹介と、皆さまのサイトとの相互リンク
  • Friend of astah* ステッカーの提供
  • astah* 製品のライセンス

bullet1 Friend of astah* プログラムに関するお問い合わせ

氏名、メールアドレス、astah*に関する活動の紹介もしくは予定、ブログやウェブサイトURL等を明記の上、メール(宛先: info at change-vision.com)でご連絡ください。件名を 「Friend of astah* 問合せ」としてください。


Friend of astah* (50音順)

amano2_s
  • 天野勝さん / 株式会社永和システムマネジメント コンサルティングセンター(http://sec.tky.esm.co.jp/) / オブラブ 事務局長(http://ObjectClub.jp/
  • 天野さんから一言
    「astah*を使用した研修を行っています。「UML入門」という記法のみを学ぶものや、「UMLを使った要件定義手法」という要件定義の場面でastah*を用いて、どのようにヒアリングをして、整理していくか、などのカリキュラムがあります。また、新人研修の一環で行う「アルゴリズム入門」では、フローチャートを書いたり、「DB入門」では、ER図を書いたりと活用しています。」

shoito_s
  • 伊藤祥さん / 株式会社リクルートテクノロジーズ(http://recruit-tech.co.jp/
  • プラグイン公開用のgithub
  • 伊藤さんから一言
    「サービス/アプリの企画や勉強会で利用するプレゼンテーションの準備に、astah*のマインドマップを重宝しています。最近は、astah*プラグインをユーザーが開発できるようにしてくれたおかげで、FreeMindインポートやBacklog連携など自分で欲しかった機能を作れるようになって、さらに利用の幅が広がっています。」

ueki
  • 植木雅幸さんSCSK株式会社
  • VDM プラグイン開発者
  • プラグイン公開用のgithub
  • @IT連載記事 「誰でも使える形式手法」等で形式手法とUMLの活用を紹介
  • 植木さんから一言
    「形式手法VDMとUMLの連携をはじめ、業務で図を書く際にastah*を利用しています。 APIがありプラグインを自作することもできるので、独自に拡張して使っています。 汎用的なプラグインを皆さんで公開・共有できればと思います。」

uchida s

kawai kawai_book
似顔絵イラスト:@IT情報マネジメントより引用
  • 河合昭男さん / オブジェクトデザイン研究所( http://www.odl.co.jp/
    日本のオブジェクト指向普及のパイオニア
  • 近著 「ゼロからわかるUML超入門-はじめてのモデリング」は、astah*を実習用のツールに用いた実用的な入門書である。
  • 河合さんから一言
    「UML ツールは'90半ばRationalRoseから始め、EA他様々使ってきましたがいずれも帯に短しの感があります。ツールの癖を知り使いこなしの術が必要です。今回書籍のために知名度も高くてフリーで使えるastah*を使用しましたがJUDEから大分洗練されてきていると感じています。」

kido-sensei
  • 木藤浩之さん東京大学助教 (大学院工学系研究科システム創成学専攻)
  • 木藤さんから一言
    計算機を用いた議論の分析、評価に関する研究を行っています。議論学のアイディアを実現し、産業に結びつけるためにastah* GSNを使わせていただいております。政策、医療、法律、科学など様々な分野で生じる議論にGSNを適用しています。

shi-n sama 

shimbo s DOA
  • 新保康夫さん / 新保IT経営研究所( http://www.shimchan.com/
  • 著書「SEのためのDOA再入門講座」や、論文「ビジネスプロセスフローからのコンポーネント構築」など、モデリングを活用して精力的に活動されています。
  • 新保さんから一言
    「思考整理としてマインドマップ、業務フローを作成するのにアクティビティ図は私の必需品です。DFDやERDを描く必要があるので助かっています。クラス図は概念レベルでオブジェクトの関連をみるのに利用しています。UMLに限らず自由な発想で使うと利用範囲は広がります。」

田丸さんのスナップ

手嶋様
  • 手嶋高明さん /慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科在学、M+プラグイン作者
  • 手嶋さんから一言
    astah*は、デザインの良さや直感的な操作感が気に入っています。モデリングツールはいくつか使っていますが、その中でも一番ユーザーフレンドリーなモデリングツールだと感じています。ボランティアでモデリングを教えている高校生も好んで使っています。

hosotani hosotani_book
  • 細谷泰夫さん / XPJUG関西 ( http://www.xpjug.jp/
  • 著書 「JUDEで学ぶシステムデザイン」は、現場の開発プロセスの中でどのようにJUDE(現 astah*)を使っていくかを紹介した実践的な内容です。
  • 細谷さんからひと言
    「astah*は、UMLはもちろん、UML以外の図が書けて連携できるところが気に入っています。アイデア次第で色々な用途に活用することができます。作っている方々も大好きです!」

327920_621
  • 智恵の和http://red.japanlink.ne.jp/chie/
  • 活動内容
    「智恵の和は、身体に障害をお持ちで技術習得の機会が得にくい状況にありながらも、意欲的にスキルアップを目指す方々と共に、Javaを通じたオブジェクト指向を学習するグループです。最近はJavaだけでなく、Ruby、ETロボコンにも取り組んでいます。」
  • ひと言
    「モデリングには astah*を使っています。」
 
twitter-a はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録