english japanese


議論をモデル化、可視化する
astah* GSNは、GSN(Goal Structuring Notation)という表記法を用いて、議論の目標、文脈、ソリューションとそれらの関係をモデル化し、議論構造を可視化するツールです。

自動車や航空鉄道、医療の安全性に関する論証を記述するアシュアランス・セーフティケースやセキュリティ脅威分析の効率化、ソフトウェアレビューのプロセス改善など幅広く活用できます。

無料トライアル 購入する



GSNとは?




GSN(ゴール構造表記法:Goal Structuring Notation)は、議論をグラフィカルにあらわす表記法です。GSNは、議論の構成要素(目標や回答、文脈など)とそれらの間の関係を明確に記述するために使います。GSNで記述した議論は、システムやサービス、組織の安全性やセキュリティといったクリティカルな特性の保証を助けます。

GSNの用途の一つに、セーフティケースの記述が挙げられます。セーフティケースは安全性がどう保証されるかを構造化された議論で示すもので、その安全性の保証は、鉄道や航空機など様々な分野で義務化されています。車載組込みシステムの機能安全規格ISO26262の例でも、安全目標と機能安全要件の定義の為にGSNを活用することができます。

GSNでは目標をどうやって満たすのかを、階層的に下位の目標に分割し、それ以上分割できない目標には、根拠となる回答を示します。その他に、目標の分割をどのような方法で行うかを示す戦略仮定正当化理由また、その目標が成立つ文脈などを使って議論構造を可視化します。それらにより、主張の曖昧さや抜け漏れを掴みやすくし、第三者への説明しやすさも高めます。そのため、安全ケースに限らず、セキュリティやディペンダビリティ、その他の議論構造の可視化などにも活用することができます。

astah* GSNを選ぶ理由



astah* GSNを使うメリット, マルチプラットフォーム
マルチプラットフォーム
Windows、Linux、Macで使えます。OSを選びません。
astah* GSNを使うメリット
描きやすさ
直感的なGUIで、初心者の方もインストール直後に、すぐにGSNを描けます。
astah* GSNを使うメリット, SACM, STRUCTURED ASSURANCE CASE METAMODEL, OMG
SACM入出力
SACM(ARM)入出力に対応しています。(OMGのSACM準拠)

astah* GSN ならではの機能



astah* GSNはD-Case認定
D-Case認証ツール
astah* GSNは、DEOS協会のD-Caseツール認証取得製品です。
astah* GSNはマインドマップにも対応
マインドマップ
様々な用途で使えるマインドマッププラグインを使えば、マインドマップをGSNに変換できます。
astah* GSNの画像出力
画像出力
図を、PNG、JPEG、EMF、SVG形式の画像に出力できます。Microsoft Wordなどにも貼り付け可能。
astah* GSNはSACMに対応
SACM入出力
SACM(ARM)入出力に対応。OMGのSACMに準拠しています。
astah* GSNはプラグインに対応
無償プラグイン
Atlassian Confluenceへの図のアップロードや、ブックマークの追加など、便利なプラグインを無償で使えます。
astah* GSNはGSNの
スクリプト言語を使う
スクリプトエディタをインストールすればECMAScript(JavaScript)を使ってGSNモデルに自由にアクセスできます。

用途に応じたさまざまなライセンス



個人

タイムド
ライセンス


¥ 12,000

組織

ノードカウント
ライセンス


¥ 10,000(*)

教育

ファカルティサイト
ライセンス


¥ 50,000


* 100ノードカウントライセンスを、1ノード当たりに割り返した金額です。


astah* GSN 推薦のお言葉


Tim Kelly 様




英国ヨーク大学 コンピューターサイエンス学部 教授


The use of assurance cases is becoming increasingly widespread in the development and assessment of high integrity systems across many domains (e.g. medical, process industries, nuclear, automotive, transportation and defence). For example, the new automotive safety standard ISO26262 requires the production of a safety case. GSN is an important technique in helping construct and present clear assurance case arguments. It's great to see tools such as astah* GSN - built on top of the SACM and GSN standard, bring tool support for GSN to the growing worldwide community of GSN users, including Japan.


小林 展英 様




株式会社デンソークリエイト プロジェクトセンター シニアデスク


ソフトウェア開発は、人と人の正しい共通理解に支えられた時に最大のパフォーマンスが発揮されると考えています。astah* GSNは、人と人の間で交わされるコミュニケーションをモデル化することで、共通理解の実現を強力に支援してくれるツールです。思考に注力できるような支援機能が適切に備えられ、人に見せるための見映えにも配慮されています。我々が所属する自動車業界では、機能安全対応を見据えて説明責任が果たせる最適な方法論の確立が期待されています。人と人の共通理解を強力に支援してくれるastah* GSNは、この課題に対して我々が期待する一つの解を与えてくれるツールであると期待しています。


所 眞理雄 様




一般社団法人ディペンダビリティ技術推進協会 (DEOS協会) 理事長
株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 エグゼクティブ アドバイザー ファウンダー


ディペンダビリティ技術の推進に有用な製品が増えることを歓迎いたします。
我々が、日々開発しているシステムは、様々なシステムと連携しながら常に変化し続けると同時に、利用者にとって安全で安心して使えるシステムであることが求められています。これらの実現の為にディペンダビリティへの取組はますます重要になってきます。astah* GSNがディペンダビリティの推進に貢献されることを期待いたします。

高井 利憲




博士(工学)
株式会社チェンジビジョン チーフエンジニア


システムやソフトウェアの開発において、論証の技術の重要性が高まっています。例えば、異なる技術領域や複数の製品領域の技術者が係わるシステムの開発では、技術的な意思決定を可視化することがプロジェクト成功の鍵といわれています。また、航空宇宙や自動車など安全に係わるシステムでは、第三者認証機関との安全に係わる合意形成を効率的に実施する必要があります。さらに、自動運転システムなどAIを活用したシステムでは、正しく振る舞うだけでなく、その振る舞いに対する説明性が求められています。論証の技術はこれらの課題を解決するために日々進歩しています。astah* GSNは、そのすぐれたユーザインターフェイスにより、現場での論証シーンを強力に支援するだけでなく、論証の技術のプラットフォームともなりうる可能性を秘めたツールです。