english japanese german

Office連携 プラグイン

astah*の図を他のアプリケーションの文書中に送り込む機能を提供します。(本プラグインはWindows環境専用のプラグインです。)

ダウンロード

Windows 32bit版はこちら
Windows 64bit版はこちら


  • バージョン: 1.1.3 (2013/3/14時点)
  • 対応エディション: astah* professional, UML 6.7以降
  • サポートサービスの対象外です。

インストール方法

  1. ダウンロードした「AstahDiagram_x.x.x.msi」、または「AstahDiagram_x64_x.x.x.msi」を実行します。
  2. astahプラグイン
  3. インストールフォルダを選択します。astah* professional、または astah* UMLのインストールフォルダを指定してください。
    astahプラグイン
  4. インストール準備完了画面が表示されたら、「インストール」ボタンを押下します。
    astahプラグイン
  5. 完了画面が表示されます。
    astahプラグイン
  6. astah*を起動し、メニューバーの一番右に「Office連携(O)」と表示されて、インストールは完了です。
  7. cplugin1

使い方

詳しい使い方は、astah*画面上部にある「Office連携(O)」-「Office連携について(A)…」をご覧ください。下記の例では、Excelを使用しています。
その他のOfficeソフトでも同様の操作を行います。

  1. Excelを起動し、メニューバーから「挿入」を選択し、リボン上の「オブジェクト」を選択します。
  2. cplugin1
  3. 「オブジェクトの挿入」ウィンドウが開きますので、「新規作成」タブのオブジェクトの種類の中から、「AstahDiagram」を選択します。
  4. cplugin1
  5. 既にastah*を起動している場合は、astah*にフォーカスが移動します。astah*を起動していない場合は、astah*の起動を促すメッセージが表示されますので、astah*を起動してください。
  6. astah*上で図を開く、または図を描画し、メニューバーの「Office連携(O)」-「図を更新」を選択します。
  7. cplugin1
  8. Excel上でastah*で描画した図が表示されます。
  9. cplugin1
    プラグイン一覧へ戻る