english japanese


CRUD

CRUDを作成する

  • メインメニュー[図] - [CRUD]をクリックする
    CRUD
  • [プロジェクトビュー]の構造ツリーで、ポップアップメニューから作成する

CRUDの設定

次のどちらかで「CRUDの設定」ダイアログを開いて、各項目を設定します。

  • 構造ツリーでCRUDのポップアップメニューから、[CRUDの設定]をクリックする
    CRUD
  • CRUDのプロジェクトビュー[ベース]タブにある「CRUDの設定」ボタンを押す
    CRUD

CRUDの設定ダイアログ

左上が機能軸、右上がモデル軸、下が共通の設定です。

CRUD

機能軸の設定項目


項目 デフォルト 設定内容
図のグルーピング表示 ON 機能軸の項目が属す図名を表示し、項目を図ごとにグループ化して表示するかどうかをチェック
CRUD機能軸
CRUD機能軸
全体行の表示 ON 機能軸の最下段に[全体]行を表示するかどうかをチェック
図の種類の選択 機能軸に表示する項目が属す図の種類を選択します。
ドロップダウンリストから、ユースケース図、アクティビティ図、データフロー図(DFD)、フローチャートのいずれかを選択する。
異なる種類の図を一つのCRUDに混合して表示することはできない。例えば、ユースケース図がCRUDに表示されている場合、他の種類の図を選択すると、ユースケース図がCRUDから削除される。
CRUD機能軸
データフロー図(DFD)のプロセスのIDの表示 DFDプロセスのIDの表示・非表示を設定する。非表示にする場合はチェックを外す。
表示する図・図要素の追加
  1. [機能軸]欄の右にある[追加]ボタンを押下する
  2. プロジェクトファイルに存在する、「図の種類」で選択した種別の図のリストが表示される
    CRUD機能軸
  3. CRUDに表示する図を選択し[了解]ボタンをクリックする。全選択を解除する場合は[全選択解除]ボタンを使う

  4. 表示する項目を選択する
表示する図・図要素の順序の入れ替え 順序を入れ替えたい図を選択し、右側の矢印ボタンで並べ替える。追加後に削除する場合は、削除したい図を選択して[削除]ボタンを押下する。[削除]ボタンは図に対してのみ有効。
背景色の設定 タイトルの背景色、全体行の背景色を設定する

モデル軸の設定項目


項目 デフォルト 設定内容
図のグルーピング表示 ON モデル軸の項目が属す図名を表示し、項目を図ごとにグループ化して表示するかどうかをチェック
CRUDモデル軸
CRUDモデル軸
全体行の表示 ON モデル軸の右端に[全体]列を表示するかどうかをチェック
図の種類の選択 モデル軸に表示する項目が属す図の種類を選択する。ドロップダウンリストから、ER図、クラス図のどちらかを選択する。
異なる種類の図を一つのCRUDに混合して表示することはできない。
表示するタイトルのラベルの選択 論理モデル ER図をCRUDに表示する場合、モデル軸に表示するタイトルのラベルを論理モデル、または物理モデルから選択する
表示する図・図要素の追加
  1. [モデル軸]欄の右にある[追加]ボタンを押下する
  2. プロジェクトファイルに存在する、「図の種類」で選択した種別の図のリストが表示される
    CRUDモデル軸の設定項目
  3. CRUDに表示する図を選択し[了解]ボタンをクリックする。全選択を解除する場合は[全選択解除]ボタンを使う
  4. [モデル軸]欄に、選択した図とその図に含まれる図要素がツリー表示されるので、CRUDに表示する要素にチェックを付ける。
    CRUDモデル軸の設定項目
表示する図・図要素の順序の入れ替え 順序を入れ替えたい図を選択し、右側の矢印ボタンで並べ替える。
追加後に削除する場合は、削除したい図を選択して[削除]ボタンを押下する。[削除]ボタンは図に対してのみ有効。
背景色の設定 タイトルの背景色、全体行の背景色を設定する

共通の設定項目


項目 デフォルト 設定内容
図の値の自動設定 ON 各項目に設定した値を、図毎にまとめて自動設定する
自動設定されるセルの
背景色
値が自動入力されるセルの背景色を設定する


セルの値設定と変更

セルに値を設定する

  • 方法1: 直接入力する
    セルをクリックして、C、R、U、Dを入力する
    CRUDの値を入力
  • 方法2: ダイアログを利用する
    セルをダブルクリック、もしくはポップアップメニューから[CRUDの値の設定]をクリックし、ダイアログで値を選択する。
    set_cell_dialog
  • セルを選択して[Delete]キーを押下すると、設定された値を一括で削除できます。

ポップアップメニューからの操作
  • 色の設定: セルのポップアップメニュー[色の設定]を選択して設定する
  • 参照モデルへジャンプ : 機能軸、モデル軸の図やモデルのポップアップメニューで [構造ツリー上のモデルへジャンプ]をクリックすると、構造ツリー上のモデルへジャンプする
  • 参照の図を開く : 機能軸、モデル軸のポップアップメニューで[図を開く]をクリックする

図の追加

CRUDに表示する図(ユースケース図、アクティビティ図、フローチャート、データフロー図(DFD)、クラス図、ER図)を、[構造ツリー]からドラッグ&ドロップして追加する。同じ種類の図のみ追加できる。


セルをテキストにコピーする

CRUDのセルを選択してコピーすると、テキストにコピーされます。クリップボードにコピーしたテキストデータを、Excelやテキストエディタに貼り付けられます。


Excel出力

メインメニュー [ツール]-[CRUD]-[CRUDをExcelファイルに出力]を選択し、ダイアログで必要な項目を設定して出力します。

export_crud_excel
  1. 対象をリストから選択する。[全てを選択]ボタンも利用可。
  2. 順序を入れ替える。出力するCRUDを選んで、上下矢印ボタンで並び替える。
  3. ファイル名を入力するか、[選択]ボタンから指定する
  4. 出力完了後、作成したドキュメントを自動的に開きたい場合は、チェックをつける。
  5. [作成]ボタンを押下して出力する。

全CRUD統計レポートのExcel出力

プロジェクトファイルに存在する全てのCRUDを機能軸にして、統計レポートを出力します。
メインメニュー [ツール]-[CRUD]-[全CRUD統計レポートをExcelファイルに出力]を選択し、ダイアログで必要な項目を設定して出力します。

export_crud_statistics
  1. 機能軸/モデル軸の順序を入れ替える。対象を選んで、上下矢印ボタンで並び替える。
  2. ファイル名を入力するか、[選択]ボタンから指定する
  3. 出力完了後、作成したドキュメントを自動的に開きたい場合は、チェックをつける。
  4. [作成]ボタンを押下して出力する。

システムプロパティ

システムプロパティで、CRUDに関する細かい設定を行えます。

crud