astah*

Japanese | English
Home astah* オンラインマニュアル

要求テーブル 【p】

Eメール 印刷
requirement table_123

要求テーブルを作成する

  • メインメニュー[図] - [要求テーブル]をクリックする
  • [プロジェクトビュー]の構造ツリーで、ポップアップメニューから作成する

要求テーブルは、要求のID、名前、テキストを一覧表示するテーブルで、パッケージ、モデル、サブシステム、要求の各モデル配下にそれぞれ1つずつ作成できます。

要求テーブルの設定ダイアログ

  • [構造ツリー]の要求テーブルのポップアップメニューから[要求テーブルの設定]をクリックする
  • 要求テーブルのプロジェクトビュー[ベース]タブにある「要求テーブルの設定」ボタンを押下する
set_requirement_table_s

bullet1 表示モデル

  1. 要求配下の要求テーブルに、親となる要求を表示する、デフォルト[ON]
    要求配下の要求テーブルに、作成元の要求を表示するかどうか設定する。
    show parent_requirement_123 例)
    要求0配下に作成した要求テーブルに、
    要求0を表示するかどうか
  2. サブパッケージ配下の要求を表示する、デフォルト[ON]
    サブパッケージ配下の要求を要求テーブルに表示するかどうか設定する。
    show subpackage_requirement_123 例)
    要求テーブル0のサブパッケージである
    パッケージ1の配下にある要求1を
    要求テーブル0に表示するかどうか

bullet1 階層

要求テーブルに表示する階層を設定する。

  • 全階層、デフォルト[ON]
    要求テーブルを作成した親モデルより下の階層にある要求を表示対象とします。
  • プロジェクト配下から指定階層まで、デフォルト[OFF]
    プロジェクト直下にあるモデルを1階層目とし、要求テーブルを作成した親モデルから指定した階層までを表示対象とします。1~20までの階層を指定できます。

bullet1 ソート順、デフォルト[ID(昇順)]

要求テーブルの項目のソート順を設定する。以下の種類でソート可能。
ID(昇順)/ID(降順)/名前(昇順)/名前(降順)/テキスト(昇順)/テキスト(降順)

bullet1 表示列、デフォルト[ON]

要求テーブルの項目の表示/非表示を設定する。項目の種類は以下。
ID/名前/テキスト

要求テーブルを編集する

値の変更 セルをダブルクリックして、要求のID、名前、テキストを編集する。
テキスト欄は複数行を入力可能。
要求の並べ替え テーブルのヘッダー部分をクリックして、ID、名前、テキストの昇順/降順を並べ替える
要求の追加 要求テーブルに表示対象となる要求がない場合に要求を追加するには、
要求テーブル上を右クリックし、ポップアップメニューの[要求の追加]をクリックする
子要求の追加 要求テーブルのセルのポップアップメニューで、[子要求の追加]をクリックする。選択した要求の下に要求を追加する。
兄弟要求の追加 要求テーブルのセルのポップアップメニューで、[兄弟要求の追加]をクリックする。選択した要求と同じ階層に要求を追加する。
依存元の設定 要求テーブルのセルのポップアップメニューで、[依存元の設定]をクリックし、依存元設定ダイアログで設定する。
詳細は 依存元-要求 をご覧ください。
依存先の設定

要求テーブルのセルのポップアップメニューで、[依存先の設定]をクリックし、依存元設定ダイアログで設定する。
詳細は 依存先-要求 をご覧ください。

ユースケースへ変換 要求テーブルのセルのポップアップメニューで、[ユースケースへ変換]をクリックする。選択した要求と同じ階層にユースケースを作成できる。
要求の削除 セルのポップアップメニュで、[モデルから削除]をクリックする。
要求テーブルからの参照

要求テーブルのセルのポップアップメニューで、[要求テーブルからの参照]より要求テーブルを選択する。
選択した要求が他の要求テーブルから参照されている場合、ダイアグラムエディタにその要求テーブルを開く。

構造ツリーの参照モデルへジャンプ 要求テーブルのセルのポップアップメニューで、[構造ツリー上のモデルへジャンプ]をクリックすると構造ツリー上のモデルにジャンプする。