english japanese german

astah*では、選択したモデルがどの図で使用されているか、どのモデルに関連しているかというような、モデルの影響範囲を可視化するトレーサビリティマップを用意しました。
モデルのトレーサビリティ(追跡可能性)を把握でき、スムーズなモデリングをサポートします。

Traceability Map

作成する

  • メインメニュー[ツール] - [トレーサビリティマップ] - [トレーサビリティマップを開く]を選択して、対象モデルを指定する
    Create Traceability Map
  • 構造ツリーで、ポップアップメニューから作成する
    Create Traceability Map

作成対象モデル



モデル
共通 パッケージ、モデル、サブシステム、クラス、コンポーネント、成果物
データフロー図 外部エンティティ、データストア
ER図 ERエンティティ
要求図 要求、テストケース


表示される関係



モデル
共通 関連、関連クラス、汎化、実現、依存、使用依存、テンプレートバインディング、拡張、包含
ER図 依存型リレーションシップ、非依存型リレーションシップ、多対多型リレーションシップ、サブタイプ
要求図 要求、テストケースに追加された依存
参照型 属性の型、操作の返り値、インスタンス仕様のベースクラス、ライフラインのベースクラス、オブジェクトノードのベースクラス、コンポーネントインスタンスのベースクラス、ノードインスタンスのベースクラス
表示対象の要素が表示されている図


更新する

構造ツリーや他の図上、プロパティビューなどで編集された内容は、トレーサビリティマップを更新することで、表示に反映されます。
図のツールバーやポップアップメニューで更新できます。

Update traceability map
TIPS: 複数のマップを一括更新する
[ツール] - [トレーサビリティマップ] - [全てのトレーサビリティマップを更新]メニューから、プロジェクト内の全てのマップを一括更新できます。
Option



RTF出力する

トレーサビリティマップをRTFドキュメントに出力することができます。
Update traceability map

TIPS: RTFのオプション設定
[ツール] - [トレーサビリティマップ] - [全てのトレーサビリティマップを更新]メニューから、プロジェクト内の全てのマップを一括更新できます。
Option