english japanese

1つのユースケースに対して、1つのユースケース記述を作成します。
ユースケース記述のテンプレートを利用することで、顧客ごとにテンプレートを変更したり、項目を追加したりできます。


ユースケース記述

ユースケース記述を作成する

ユースケース記述を開く方法は2通りあります。

  1. 図上でユースケースのポップアップメニューから[ユースケース記述を開く]をクリックします。
    ユースケース記述
  2. 構造ツリーでユースケースのポップアップメニューから[ユースケース記述を開く]をクリックします。
    ユースケース記述


3つのテンプレート

astah*では三種類のデフォルトテンプレートを用意しています。


1. デフォルト形式

ユースケース記述
項目 概要 編集
ユースケース名 ユースケース名を表示 自動表示
概要 概要を入力
アクター 関連するアクターや拡張ユースケースを表示 自動表示
事前条件 事前条件を入力
事後条件 事後条件を入力
基本系列 基本系列を入力
代替系列 代替系列を入力
例外系列 例外系列を入力
サブユースケース 包含するユースケースを表示 自動表示
備考 備考を入力


2. アリスター・コーバーンの完全形式

ユースケース記述


3. RUP形式

ユースケース記述


書式を切り替える

  1. [ツール] - [テンプレートの設定] - [ユースケース記述]を選択します
    ユースケース記述
  2. テンプレートを選択して[適用]ボタンを押します。
    ユースケース記述


テンプレートを作成する

  1. [ツール] - [テンプレートの設定] - [ユースケース記述]を選択します
    ユースケース記述
  2. ユースケース記述テンプレート設定ダイアログで、[新規作成]ボタンを押します
    ユースケース記述
  3. [テンプレート名]に新しいテンプレートの名前を入力して、元とするテンプレートを選択後、[了解]ボタンを押します
    ユースケース記述

編集項目

ユースケース記述
キー ユースケース記述の一意なキー。半角英数字のみ使用可
表示名 ユースケース記述の項目の表示名。空白は付加
種類 なし - 自由なフォーマットで編集可
高さの初期値 表示時の行の高さ(単位はピクセル)。内容によって高さは変化する。
説明 ユースケース記述の項目の説明。編集画面にツールチップとして表示される。


プロパティファイル

ユースケース記述のテンプレートファイルは、”UCDescriptionProp.properties”というファイル名で「ユーザーホーム/.astah/professional(uml)」ディレクトリに保存されます。
ユースケース記述テンプレートは、プロジェクトファイルには含まれません。


テンプレートを共有する

チーム内でユースケース記述の項目を揃えたい場合は、プロパティファイルをインポート、エクスポートすることでテンプレートを共有できます。

ユースケース記述