english japanese german


あらかじめ独自に定義したタグ付き値を自動でモデルに設定することができます。


タグ付き値を定義する

ユーザーホーム/.astah/professionalディレクトリに、astah_customproperty_def.propertiesという定義ファイルを作成します。
タグ付き値の名前、対象モデルの種別、対象ステレオタイプ、デフォルト値、定義を設定します。


定義ファイルの例

次の例では、クラスにstereotype0というステレオタイプを設定した場合、creator1というタグ付き値が追加され、その値には、Dendyが設定されます。
また、ユースケースとパッケージにstereotype1というステレオタイプを設定した場合、creator2というタグ付き値が追加され、その値には、Tonyが設定されます。

tag.id_001.name=creator1
tag.id_001.target=Class
tag.id_001.stereotype=stereotype0
tag.id_001.defaultvalue=Dendy
tag.id_001.definition=The creator of a model

tag.id_002.name=creator2
tag.id_002.target=UseCase,Package
tag.id_002.stereotype=stereotype1
tag.id_002.defaultvalue=Tony
tag.id_002.definition=The creator of a model


種類 キー 説明
タグの名前 tag.xxx.name
対象モデル種別 tag.xxx.target ステレオタイプを設定する対象となるモデルの種別です。
必須で、複数指定できます。
不正な文字列が含まれた場合は読み取ることができませんので、
注意してください。
参照: tag.xxx.targetに設定する文字列の一覧表
対象ステレオタイプ tag.xxx.stereotype 一つまで指定でき、空にできます。
デフォルト値 tag.xxx.defaultvalue デフォルトで値を設定してくない場合は、空にできます。
定義 tag.xxx.definition この定義の説明で、画面上は表示されません。空にできます。

  • xxxはIDで、プロパティファイル内固有のIDを設定してください。
  • 定義ファイル内の日本語は次の方法でASCII化してください。

ASCII化の方法

ASCII化の方法1:Javaのnative2asciiコマンドを使用する

  1. JDKをインストールする
  2. 環境変数 JAVA_HOME を設定後、環境変数Pathに%JAVA_HOME%\binを追加
  3. コマンドプロンプトからJavaのnative2asciiコマンドでASCIIに変換
    例) UTF-8で作成したファイルをastah_customproperty_def.propertiesに変換する場合
    UTF-8の部分は、変換元ファイルのエンコードを指定してください
native2ascii -encoding UTF-8 xxxx(変換前のファイル名)
astah_customproperty_def.properties


ASCII化の方法2:EclipseプラグインのPropertiesEditorを使用する

  1. EclipsePropertiesEditor_EclipsePlugin_for_x.xなどで編集します。

タグ付き値を反映する

定義したタグ付き値をプロジェクトに反映します。

  • [ツール]–[ユーザー定義タグ付値の反映]を選択すると、定義ファイルの内容を元に、定義が一致するモデルに対してタグ付き値が追加設定されます。
  • タグ付き値の反映時に、同じタグ名を持つタグ付き値が存在し、かつタグ付き値の値が変更されていた場合は、その値が保持されます。
  • 一度ユーザー定義タグ付き値が反映されたプロジェクトでは、モデル要素の新規作成時に、自動的にタグ付き値が設定されます。

tag.xxx.tagetに設定する文字列の一覧


モデル名 設定する文字列    モデル名 設定する文字列
モデル Model    Createメッセージ CreateMessage
サブシステム Subsystem    Destroyメッセージ DestroyMessage
パッケージ Package    リプライメッセージ ReturnMessage
クラス図 ClassDiagram    複合フラグメント CombinedFragment
クラス Class    相互作用の利用 InteractionUse
属性 Attribute    状態不変式 StateInvariant
操作 Method    コミュニケーション図 CommunicationDiagram
関連 Association    メッセージ
(コミュニケーション図)
MessageCL
関連端 AssociationRole    コンポーネント図 ComponentDiagram
関連クラス AssociationClass    コンポーネント Component
汎化 Generalization    成果物 Artifact
インターフェース Interface    配置図 DeploymentDiagram
依存 Dependency    ノード Node
Entity Entity    ノードインスタンス NodeInstance
Boundary Boundary    コンポーネントインスタンス ComponentInstance
Control Control    ノート Comment
インスタンス仕様 Object    フローチャート Flowchart
リンク (オブジェクト図・
コミュケーション図)
Link    フロー要素 FlowElement
ユースケース図 UseCaseDiagram    データフロー図 DataFlowDiagram
アクター Actor    外部エンティティ ExternalEntity
ユースケース UseCase    データストア DataStore
拡張 Extend    データフロー DataFlow
包含 Include    アンカー Anchor
ステートマシン図 StateChartDiagram, StatemachineDiagram    ER図 ERDiagram
状態 State    ERエンティティ EREntity
サブマシン状態 SubmachineState    ER属性 ERAttribute
スタブ状態 StubState    ドメイン Domain
アクティビティ図 ActivityDiagram    リレーションシップ ERRelationship
パーティション Partition    多対多型リレーションシップ ManyToManyRelationship
アクション Action    サブタイプリレーションシップ Subtype
振る舞い呼び出しアクション CallBehaviorAction    CRUD CRUD
遷移 Transition    要求図 RequirementDiagram
オブジェクトノード ObjectNode    要求テーブル RequiementTable
シーケンス図 SequenceDiagram    要求 Requirement
ライフライン
(シーケンス図・コミュニケーション図)
LifeLine    テストケース TestCase
メッセージ (シーケンス図) Message    トレーサビリティマップ TraceabilityMap