english japanese german

要素間依存関係解析表 (DSM)

クラス、インターフェース、パッケージを対象に、要素間の依存関係を表(DSM: Dependency Structure Matrix)として見える化します。
DSMは、モデル編集と同時に自動更新されるため、モデルを作成、修正しながら構造の問題点をチェックできます。
このプラグインを使うことで、依存関係が集中している要素や循環参照を発見でき、チームでのレビューや個人の自己レビューにも役立ちます。DSMは、Excel出力にも対応しています。

   概要


   インストール

  1. 上記Downloadボタンから dsm-x.x.x.jar ファイルをダウンロードします。
  2. .jar ファイルを、astah*図上にドラッグ&ドロップします。
  3. プラグイン概要のダイアログが表示されるので[はい]を選択します。
  4. 次に表示されるメッセージに従ってastah*を再起動します。
    astahプラグイン
    ※[プラグイン]メニューは、バージョン7.2以降のみに存在します。 7.1以前をご利用の方はこちら。
  5. 図を開いて、astah*画面右下(拡張ビュー)に[DSM]タブが表示されていれば、インストールは完了です。
    astah, 要素官依存関係解析表, DSM

   利用方法

チュートリアルとリファレンスをご用意しました。ぜひご参照ください。

  1. リファレンス
  2. チュートリアル
      ・ DSMを使ってクラスの依存関係を確認する
      ・ 依存が集中しているクラスを分割する
      ・ 循環参照を解消する
      ・ 間接的な循環参照を解消する
  3. TIPS:拡張ビューの表示/非表示方法
    [表示] - [拡張ビューの表示/非表示] から、拡張ビューの表示/非表示を切り替える事ができます。
    astah, 要素官依存関係解析表, DSM