english japanese german

状態遷移パス

ステートマシン図の状態遷移パスを抽出するプラグインです。
システムの振る舞い仕様は、しばしばステートマシン図で定義されます。そのため、開発されたシステムは、ステートマシン図で定義された通りの振る舞い(状態遷移)をする必要があります。このプラグインを利用して抽出したパスをテストケースとして用いることで、網羅的なテストをサポートします。

download plugin


状態遷移パス

インストール方法

  1. 上記ダウンロードから statepath-x.x.x.jar ファイルをダウンロードします。
  2. メインメニュー[ヘルプ] - [プラグイン一覧]を選択します。
    (バージョン6.8以降は、.jarファイルをastah*にドラッグ&ドロップしてインストールできます)
  3. astahプラグイン
  4. [インストール] ボタンを押下して.jarファイルを選択します。 astahプラグイン
  5. メッセージに従ってastah*を再起動してください。
    astahプラグイン
  6. 図を開いて、astah*画面右下(拡張ビュー)に[状態遷移パス]タブが表示されていれば、インストールは完了です。
  7. 状態遷移表

    ※拡張ビューの表示/非表示方法

    [表示] - [拡張ビューの表示/非表示] から、拡張ビューの表示/非表示を切り替える事ができます。

    状態遷移表

使い方


このプラグインの利用方法については、別途リファレンスや、チュートリアルをご用意しております。ぜひご参照ください。


リファレンス


チュートリアル

    - ステートマシン図を元に状態遷移パスを表示する

    - 状態遷移パスを Microsoft Excelに出力し、テストケースを作成する


状態遷移表

プラグイン一覧へ戻る