english japanese

動作に必要な環境

Java環境について

JREが同梱されていないインストーラを使用する場合は、astah*の動作に別途Java実行環境が必要です。システム要件に記載のJavaバージョンをご利用ください。
設定方法は、こちらをご参照ください


astah*を起動する

次のいずれかの方法で起動します。

  • スタートメニューでastah*を選択する
  • デスクトップのastah*アイコンをダブルクリックする
  • astah*ファイル(.asta)をダブルクリックする

新しいバージョンがリリースされている場合は、更新有無を確認するダイアログが表示されます。更新確認が不要な場合は、[システムプロパティ] - [その他]から設定します。

バージョン情報

ライセンス管理画面

ライセンスが未登録の場合、astah*起動時に[ライセンス管理]ダイアログが開きます。
(開かない場合は[ヘルプ] - [ライセンス設定]から開けます)

astahライセンス画面

ライセンス管理メニュー

フローティングライセンスの設定

フローティングライセンスの設定画面が開きます。フローティングライセンスの設定方法は、こちらをお読みください

astahライセンス画面

ライセンスキー設定

クリックしてライセンスファイル(.xml形式)を選択します。ライセンスキーは、以下の場所にコピーされます。

  • ユーザーライセンス: ユーザーホーム /.astah/professional(uml)ディレクトリ
  • タイムドライセンス: astah*インストールディレクトリ
  • ノードカウントライセンス: astah*インストールディレクトリ

ライセンス登録

CVメンバーズがWEBブラウザで開きます。[ライセンス登録]メニューから、ライセンスキー(.xml形式)を発行してください。


astah*のモデルバージョン

モデルバージョンが、ファイル互換の基準となります。利用中のモデルバージョンは、[ヘルプ] - [バージョン情報]から確認できます。
astah*モデルバージョン情報の確認
astah* professional、UML、Viewer間では、同じモデルバージョンで作成したファイルを開けます。詳細は「astah*製品の互換性」をお読みください。
開いているファイルの保存モデルバージョンの履歴は、プロジェクトのプロパティビューから確認できます。

互換性