english japanese

「別名機能」とは?

プロジェクト内のモデル要素に別名を設定して、図上の表示を切り替えることで多国語に対応します。
別名は「プロジェクトビュー」の[別名]タブで設定します。


設定方法


別名の入力

[別名]タブの別名欄をダブルクリックして入力します。

別名

別名の表示

別名は、メインメニュー[表示] - [別名の表示]で以下の項目を選択して表示します。

  • 名前
  • 別名1(ない場合は名前)
  • 別名2(ない場合は名前)

同期する

[別名]ビューの[ダイアグラムエディタ]の選択と同期させる」ボタン(上画像の[同期ボタン])を押すと、
ダイアグラムエディタ上で選択したモデル要素を[別名]タブのツリー上で選択します。


別名

別名のフィルタリング

  1. 右端の[フィルター]ボタンを押します。
    alias_filter_option
  2. [別名フィルターオプション]を開くので、[別名]タブの表示欄やツリーに表示するモデルをチェックします。
    alias_filter_option
  • 型カラム
  • 別名1カラム
  • 別名2カラム
  • モデル(図要素)
  • パッケージ(図要素)
  • サブシステム(図要素)
  • クラス
  • 属性
  • 操作
  • パラメタ
  • 関連
  • 関連端
  • 限定子
  • 汎化
  • 使用依存
  • 実現
  • 依存
  • インスタンス仕様
  • リンク
  • リンク端
  • ユースケース
  • 拡張
  • 包含
  • 拡張点
  • エンティティ
  • ドメイン
  • 主キー
  • キー
  • 外部エンティティ
  • データストア
  • 要求
  • テストケース
  • ノート
  • テキスト

別名の非表示

[ツール] - [システムプロパティ] - [プロジェクトビュー]から、[別名ビューを表示する]オプションのチェックボックスを外して、[適用] - [了解]を押して、astah*を再起動します。

※ [別名ビュー]を非表示にする事で、ファイル内のモデルが消失することはありません。



別名表記が可能な図


クラス図 クラス、属性、操作、パラメタ、関連など
ユースケース図 ユースケース、拡張、包含など
アクティビティ図 オブジェクトノードのベースクラス
シーケンス図 ライフラインのベースクラス
コミュニケーション図 ライフラインのベースクラス
コンポーネント図 パートの型、コンポーネント、コンポーネントインスタンスの型
配置図 ノード、ノードインスタンスの型
合成構造図 パートの型
データフロー図 外部エンティティ、データストア
ER図 ERエンティティ、属性、リレーションシップ、サブタイプ等
要求図 要求、テストケース
クラス図、ユースケース図、ER図、合成構造図、要求図 ノート、テキスト