english japanese

図要素を作成する

図要素を作成する方法は5つあります。

  1. ツールパレットを使う
    ツールパレットで作成したい図要素を選択して、図上をクリックします
    図要素の作成
  2. [構造ツリー]から図上にドラッグする
    図要素の作成
  3. 図上をダブルクリックする
    図上のダブルクリックで、頻繁に使われる図要素を作成できます。
  4. ドロー・サジェストを使う
    図要素の上にマウスを載せて表示されるホバー表示をクリックします。
    ドローサジェスト
    TIPS: ドローサジェストを上手に使おう!

  5. クリップボードのテキストを貼り付ける
    コピーしたテキストを図上に貼ると、モデルの変換ダイアログが開きます。
    作成したいモデルの種類を選択することで、そのモデルに変換できます。
    テキストコピペから図要素作成


図要素を連続作成する

図要素を作成する方法は2つあります。

  1. Shiftキーを押す
    ツールパレットで作成したい図要素を選択後、Shiftキーを押しながら図上をクリックします
  2. [連続作成モード]にする
    ツールパレットで連続作成モードをクリックしてから、作成する図要素を選択して図上をクリックします
    連続作成モード

名前を変更する

図要素の名前を変更する方法は3つあります。

  1. 図上で名前をダブルクリックする
    名前の変更
  2. 構造ツリーのポップアップメニューから変更する
    名前の変更
  3. プロパティビューから変更する
    図上で図要素を選択してプロパティビューのベースタブから名前を変更します
    名前の変更

改行する

SHIFT+ENTER、ALT+ENTER、CTRL+ ENTERで改行を挿入できます。
現在、全ての図要素には改行対応していません。改行可否は、プロパティビューのテキスト入力欄を参考にしてください。入力欄が複数行に対応していれば、改行が可能です。

改行
※改行挿入不可
改行


リサイズする

  1. 自動リサイズ機能を使う
    図要素のポップアップメニューで自動リサイズをONにすると、図要素のテキスト幅に合わせて、図要素のサイズが自動的に調整されます。
    リサイズ
  2. 端点をドラッグする
    図要素の端点をドラッグしてリサイズします。
    リサイズ
TIPS: 図要素のデフォルトサイズを設定しよう!
システムプロパティで、図要素のデフォルトサイズを指定できます。


サイズを揃える

複数の図要素のサイズを統一させることができます。方法は2つあります。まず図要素を複数選択して、[整列]-[サイズ揃え]-[指定サイズ揃え]を選択します。

  1. サイズを入力する
    幅と高さの値を入力して[OK]ボタンを押します。
    サイズ揃え
  2. 選択した図要素のサイズに揃える
    イズ揃えの対象とする図要素をリストから選択して[OK]ボタンを押します。
    サイズ揃え


整列する

図要素を整列する方法は2つあります。

  1. ツールボタンを使う
    図要素を複数選択して、ツールボタンの任意の整列ボタンをクリックします
    新規図要素サイズ
  2. メニューの[整列]を使う
    図要素を複数選択し、[整列]メニューから整列方法を選択します
    新規図要素サイズ


アイコンを切り替える      

ステレオタイプをもつ図要素の表記を、下記の3種類の中から選べます。アイコンの切り替えは、ポップアップメニュー[アイコン表記]またはツールバーから選択します。
アイコン切り替え

  1. 標準
    ステレオタイプ名をギルメット(“<<”、“>>”)で囲んで表示します。
    ステレオタイプ表記
  2. 標準アイコン
    標準搭載しているアイコンで表示します。(アクター、インターフェース、entity、Boundary、Controlなど)
    ステレオタイプ表記
  3. 拡張アイコン
    ステレオタイプに紐付けたアイコンで表示します。(アイコンの設定方法はこちら)
    ステレオタイプ表記


フォントを設定する      

フォントは、図要素単位で設定できます。プロジェクト全体の共通設定も可能です

  1. 図要素を選択して、メインメニュー[編集]-[フォントの設定]を選択するか、ツールバーのフォント設定ボタンを押します
    フォント指定
  2. フォントダイアログが開くので、お好みのスタイルを選びます
    フォント指定
  3. フォントが変わりました
    フォント指定


文字色を変更する      

フォントの文字色は、図要素単位で変更できます。図要素を選択して、メインメニュー[編集]-[文字色の設定]を選択するか、ツールバーの文字色の設定ボタンを押して変更します

フォント指定


色選択ダイアログ

色選択ダイアログには、6種類のイメージ色グループ(Aqua、Earth、Nature、Spring、Passion、Winter)が用意されています。グループの色を活用することで、バランスの良い色彩を実現します。また[色の追加]ボタンを押すことでお気に入りの色を10色まで記憶します。
色設定ダイアログ

TIPS: 図要素のデフォルト色を設定しよう!


図要素の色設定をコピーする

図要素の背景色を、他の図要素にコピーできます。

  1. 図要素を選択して、メインメニュー[編集]-[スタイルのコピー]を選択するか、ポップアップメニューからスタイルのコピーを押します
    フォント指定
  2. コピー先の図要素を選択して、メインメニュー[編集]-[スタイルの貼り付け]を選択するか、ポップアップメニューからスタイルの貼り付けを押します
    フォント指定
  3. 図要素の背景色がコピーされました。
    フォント指定