astah*

Japanese | English
Home astah* オンラインマニュアル

図要素を作成する(ダイアグラムエディタ)

Eメール 印刷

diagram editor_123

ダイアグラムエディタのポップアップメニュー

開いた図タブのポップアップメニューから、次の操作が可能です。

popupmenu 123
  • 閉じる - 選択した図を閉じる
  • 左側のタブを全て閉じる - 選択した図の左側に開いた図を閉じる
  • 右側のタブを全て閉じる - 選択した図の右側に開いた図を閉じる
  • 他のタブを閉じる - 選択した図以外の図を全て閉じる
  • 全て閉じる - 選択した図を含めて全て閉じる
  • 削除 - 選択した図をプロジェクトから削除する
  • 印刷 - 選択した図を印刷する

図要素を作成する

bullet1 ツールパレットを使う

  1. ダイアグラムエディタのツールパレットで、作成したい図要素を選択します。
  2. 図上をクリックして、図要素を作成します。
  3. 作成した図要素のモデルが構造ツリーに追加されます。(線やインスタンス仕様などは追加されません。)

bullet1 [構造ツリー]から図へドラッグ&ドロップする方法

  1. プロジェクトビューの[構造ツリー]から図要素をドラッグします。
  2. ダイアグラムエディタの図上にドロップして、図要素を作成します。

bullet1 ダブルクリックで、デフォルトのモデルを作成する

ダイアグラムエディタ上でダブルクリックすると、デフォルトの図要素を作成できます。

  • : デフォルトの図要素
  • クラス図: クラス
  • ユースケース図: ユースケース
  • ステートマシン図: 状態
  • アクティビティ図: アクション
  • シーケンス図、コミュニケーション図: ライフライン
  • コンポーネント図: コンポーネント
  • 配置図: ノード
  • 合成構造図: 構造化クラス、構造化クラス上では内部パート
  • フローチャート: 処理
  • データフロー図(DFD): プロセス
  • ER図: ERエンティティ
  • 要求図: 要求

bullet1 ドロー・サジェスト機能を使用する

  1. ダイアグラムエディタ上の図要素にマウスを載せます。
  2. ドロー・サジェストのアイコンがホバー表示されます。
  3. 作成したい要素のアイコンを選択し、図要素を作成します。
suggest feature_123
ドロー・サジェスト機能をON/OFFする
  • ダイアグラムエディタにあるツールパレットで[ドロー・サジェストを有効にする]ボタンをクリックすることで、ON/OFFを切り替えられます。
  • Shiftキーを押している間、ONの場合はOFFになり、OFFの場合はONになります。
  • astah起動時のドロー・サジェストの初期状態は、[ツール]-[システムプロパティ-[ダイアグラムエディタ]-[ドロー・サジェストを有効にする]で設定できます。

    bullet1 クリップボードのテキストを図に貼り付ける

    1. クリップボードにテキストをコピーします。
    2. ダイアグラムエディタ上に貼り付けると「モデルの変換」ダイアログが表示されます。
    3. 種類やパッケージを選択し、図要素を作成します。
      clipboard_to_diagram

    図要素を連続作成する

    二つの方法があります。

    • ダイアグラムエディタのツールパレットで、[連続作成モード]をクリックしてから、作成する図要素を選択し、図上をクリックすると連続作成できます。
    • 作成したい図要素を選択してから、Shiftキーを押しながら図上をクリックすると、連続作成できます。