english japanese

Javaソースコードを読み込み、プロジェクト上にPackageやClass等のモデルを作成します。


Javaソースコード読み込みとクラス図の自動作成

.javaファイルを読み込み、そのクラス(モデル要素)と親パッケージをプロジェクトに生成します。
読み込む.javaファイルにパッケージ指定がない場合は、「no_title」にそのクラス(モデル要素)を生成します。

  1. [ツール]-[Java]-[Java ソースコードの読み込み]を選択します。
  2. [Javaファイル選択]ダイアログで読み込むファイルを選択して、[了解]ボタンをクリックします。
    この時、必要に応じてファイル入力時の文字コードを選択します。
    select_javafile
  3. [Java読み込み]ダイアログの[スタート]ボタンを押下して、読み込みを開始します。
    Javaファイルインポート
  4. 関連にしたい属性をチェックしてください。
    Javaファイルインポート
  5. クラス(モデル要素)と親パッケージがプロジェクト内に生成されます。
    import java_tree_123
  6. Javaソースコード読み込み機能では、クラス図は作成されません。読み込んだパッケージのクラス図は、[クラス図の自動生成]機能を利用して作成します。
    autocreate classdiagram

Javaスケルトンコードの作成

選択された図要素のJavaスケルトンコードを作成します。クラスや操作の定義はドキュメンテーションコメントとして出力されます。

  1. [ツール] - [Java] - [Javaスケルトンコードの作成]を選択します。
  2. [選択]ダイアログで、スケルトンコードを作成するフォルダを指定します。
  3. [Javaファイル選択]ダイアログで、スケルトンコードを作成するモデルを選択します。
    必要に応じてコメント出力オプション、ファイル出力時の文字コードを指定します。
  4. [了解]ボタンを押下して、スケルトンコードを作成します。

※同じ名前のファイルがあった場合は、上書きします。

作成したスケルトンコードの例

下図のEngine.java


Sample Class Diagram
package Class;
public class Engine {
	   private Motor motor;
		 public void forward() {
		 }
		 public void backward() {
		 }
		 public void brake() {
		 }
}