english japanese

言語設定をJavaにする

astah*では、よく使用される基本的な言語Java、C++、C#に対応しています。
モデリングの対象言語がJavaの場合は、astah*にそれを設定しましょう。

  1. プロジェクトのプロパティプロジェクトの設定でJavaにチェックを入れます
    Java設定
  2. 確認ダイアログが開くので、[はい]を押します
    Java設定
  3. これで、クラスや属性、操作の言語タブのオプションが有効になりました
    言語タブ
TIPS: Java言語設定をデフォルトでONにする
システムプロパティの[プロジェクト]で、言語設定のデフォルトをJavaにすることができます。
言語設定


Javaソースコードを読み込む

.javaファイルを読み込み、そのクラスと親パッケージをプロジェクトに生成します。

  1. [ツール] - [Java] - [Javaソースコードの読み込み]を選択します
    Javaファイルインポート
  2. 読み込む.javaファイルを選択して、[了解]ボタンをクリックします
    この時、必要に応じてファイル入力時の文字コードを指定します
    select_javafile
  3. 関連にしたい属性をチェックします
    Javaファイルインポート
  4. 読み込み完了のダイアログが表示されるのでcloseを押します
    Javaインポート
  5. モデルがリバースされて、構造ツリーに表示されました
    Javaインポート


読み込んだモデルで図を自動生成する

インポートしたモデルのクラス図を自動生成します。

  1. 構造ツリー上のパッケージ、又はクラスのメニューからクラス図を自動作成するもしくは詳細クラス図を自動作成するを選択します (詳細はこちら)
    クラス図の自動生成
  2. クラス図が生成されました
    クラス図の自動生成
TIPS: 自動レイアウトで図を整える
図の自動生成後は自動レイアウトで、図を整えてください。
自動レイアウト


リバースプラグインを使う

Javaソースコードの読み込みであれば、無償の簡単コードプラグインも使えます。
このプラグインを使えば、GithubやBitbucket、Google Project Hosting等のリポジトリサービスや、ローカルにあるJavaソースコードを図上にドラッグするだけで、簡単にモデルをリバースできます。

  1. プラグインをインストールします
  2. Github上の.javaを、クラス図上にドラッグします
    クラス図の自動生成
  3. クラスが生成されて図上に表示されます
    クラス図の自動生成


Javaスケルトンコードを生成する

モデルからJavaスケルトンコードを作成します。
クラスや操作の定義は、ドキュメンテーションコメントとして出力します。
また、出力先に、同名のファイルがある場合は、上書きします。

  1. [ツール] - [Java] - [Javaスケルトンコードの作成]を選択します。
    Javaエクスポート
  2. 出力対象のモデルを選択します。必要に応じてコメント出力オプション
    文字コードを指定します。
    Javaエクスポート
  3. スケルトンコードが生成されました。
    Javaエクスポート

例: 下図のMonitor.javaの生成コード

UMLクラス図

Javaスケルトンコード