astah*

Japanese | English
Home astah* オンラインマニュアル

フローチャート 【p】

Eメール 印刷
flowchart diagram_123

create flowchart_diagram_123

フローチャートを作成する

  • メインメニュー[図] - [フローチャート] - [新規フローチャート]または[テンプレートフローチャート]をクリックする
  • [プロジェクトビュー]の構造ツリーで、ポップアップメニューから作成する

フローチャートのテンプレート

bullet1 テンプレートの読み込み

  • メインメニュー[図] - [フローチャート] - [テンプレートフローチャート]をクリックする
  • [構造ツリー]でプロジェクトのポップアップメニューから、[図の追加] - [フローチャートの追加] - [テンプレートフローチャート]をクリックする

bullet1 テンプレートの作成

  • [構造ツリー]でテンプレート化したいフローチャートを選択し、ポップアップメニューで[テンプレートを作成する]をクリックします。ダイアログで保存先を指定し、名前を入力して保存します。

フローチャートのツールパレット

toolbar flowchart_123

アイコンボタンの名称と内容
Transition 123
遷移(実線)
dash1Arrow
遷移(破線)
dash2Arrow
遷移(破線)
railway
遷移(線路)
swimlane
レーン(縦)
swimlane h
レーン(横)
アイコンボタンの名称と内容
InitialState
開始
FinalState 123
終了
Merge
条件分岐
fork 123 RotatedFork
分岐
Join 123 RotatedJoin
合流
independentBar
独立した同期バーを使用するモード
(同期バーを作成する際に、パーティションから独立させる)
その他は「共通のツールボタン」を参照

レーンを作成する

bullet1 ツールパレットの [レーン]を選択し、ダイアグラムエディタ上をクリックして作成します

select swimlane_123

lanetype 123

レーンを編集する

レーンのポップアップメニュー

swimlane popupmenu_123

bullet1 レーン名の変更

  • ダイアグラムエディタ上で、レーン名をダブルクリックして直接編集する
  • レーンプロパティの[ベース]タブで編集する
bullet1 ポップアップメニューからできる操作
  • [親のレーンを作成する]
  • [アクターを生成する]を選択し、[UMLモデル変換]ダイアログで必要なオプションにチェックを付けて、[了解]ボタンをクリックする

遷移を作成する

bullet1 ツールパレットの [遷移]を選択し、ダイアグラムエディタ上をクリックして作成します

select line_flowchart_123

遷移を編集する

  • 遷移のプロパティから、遷移条件を入力する
  • 遷移線のポップアップメニューから、線の種類を変更する

開始、終了、分岐、合流

それぞれツールパレットのボタンを使って作成します。
分岐や合流は「同期バー」と呼ぶこともあり、[独立した同期バーを使用する] ボタンを選択することで、
レーンから独立させた同期バーを作成できます。