ドローサジェストとは、図上でのモデル編集をサポートする機能です。
図のツールパレットやポップアップメニューを経由せず、アイコンのホバー表示から素早くモデルを追加できます。

使う

  1. モデルをマウスオーバーすると、作成可能なモデルがアイコン表示されます。
    ドローサジェストが表示された状態
  2. 例えば、属性を追加したい場合は、オレンジのアイコンをクリックします。
  3. これで、属性がクラスに追加されます。


非表示にする

ドローサジェストのアイコンを非表示にする方法は3つあります。

  1. 一時的に消す
  2. 開いている図上のみで消す
  3. デフォルトで消す

一時的に消す

[Shift]キーを押しながら操作すると、アイコンは表示されなくなリます。


開いている図上のみで消す

図のツールパレット右端の[ドローサジェストON/OFF]ボタンを押して切り替えます。

ボタンでドローサジェストをOFFにする

デフォルトで消す

[ツール] - [システムプロパティ] - [ダイアグラムエディタ]で無効に設定できます。

システムプロパティでドローサジェストの設定をOFFにする


図要素が選択状態の場合は非表示にする

[システムプロパティ] - [ダイアグラムエディタ]で [図要素が選択されている時はサジェストボタンを表示しない]オプションを有効にすると、モデルが選択状態である場合にアイコンが表示されなくなります。

ドローサジェストのオプション

マウスオーバーで表示されるアイコンが、モデルを選択すると消えます