english japanese

モデリング言語をC++に設定する

astah*では、モデリング対象言語の設定(C++、C#、Java)が可能です。
モデリングの対象言語がJavaの場合は、プロジェクト作成時にそう設定しましょう。
設定することで、C++固有のプロパティ設定などが可能になります。

  1. プロジェクトのプロパティプロジェクトの設定タブでC++にチェックを入れます
    C++設定
  2. 確認ダイアログが開くので、[はい]を押します
    Java設定
  3. これで、クラスや属性、操作の言語タブのオプションが有効になりました
    言語タブ
TIPS: C++言語設定をデフォルトでONにする
システムプロパティの[プロジェクト]で、デフォルトのモデリング言語をC++に設定できます。
言語設定



C++テンプレートファイルを開く

atsah*は、C++モデリングに適したテンプレートファイルを同梱しています。
このテンプレートファイルをベースにプロジェクトを作成する事もできます。

  1. [ファイル] - [テンプレートからプロジェクトの新規作成] - [C++.asta]を選択します
    C++テンプレートファイル
  2. ライブラリが含まれたプロジェクトが開きます
    C++テンプレートファイルのモデル
TIPS: C++テンプレートファイルをデフォルトで開く
ファイルの新規作成時に開くファイルを、C++テンプレートファイルに指定したい場合は、システムプロパティの[プロジェクト]から設定が可能です。
言語設定


C++ソースコードを読み込む

C++ソースコードの読み込みは、プラグインを利用することで可能です。
C++スケルトンコード生成
プラグインのダウンロードや利用方法は、こちらをご参照ください



C++スケルトンコードを生成する

作成したモデルからC++スケルトンコードを作成します。
クラスや操作の定義はドキュメンテーションコメントとして出力されます。

  1. [ツール]-[C++] - [C++スケルトンコードの作成]を選択します
    C++スケルトンコード生成
  2. 次に開くダイアログで、コード生成対象のモデルを指定します。
    まず左端のツリーで、フォルダを選択します。フォルダ内に存在するソースコードファイルが[候補リスト]に表示されるので、ここからコード生成対象のファイルを[選択リスト]に移動します。必要に応じてコメント出力オプション、ファイル出力時の文字コードを指定してください。
    C++スケルトンコード生成オプション
    C++ オプション
    項目 概要
    ヘッダーファイルの#ifndef、#define、#endif出力 ONのとき、ヘッダーファイルに付加する
    デフォルトのincludeリスト カンマ(,)区切りのリストをヘッダーファイル、ソースファイルに出力する。
    例)string、vectorの設定時の出力例
    #include <string>
    #include <vector>
    ヘッダーファイル拡張子 h、hxxなどヘッダーファイルの拡張子を指定する
    ソースファイル拡張子 cpp、cxxなどソースファイルの拡張子を指定する

    TIPS:既存コードへの上書きが可能になりました
    バージョン8.2以前は、出力先に同名のファイルが存在する場合、最後に出力したコードが完全に置換していましたが、バージョン8.3からは完全な置換ではなく、既存のソースコードを残したままコードを上書きできるようになりました。 スケルトンコードの生成時オプション
  3. [了解]ボタンを押下して、スケルトンコードを作成します。