マップビュー


「マップビュー」とは?

マップビューは、astah*画面左枠の中央に表示されているビューで、現在開いている図の全体を表示します。
黄色い矩形は、ダイアグラムエディタ上での表示範囲です。この黄色い矩形を操作することで、図の表示範囲を変えたり、拡大、縮小をすることができます。



図の表示範囲を変える

黄色い矩形をドラッグしてみましょう。ダイアグラムエディタ上の表示範囲が連動します。

マップビューで図の表示範囲を変える



図を拡大/縮小する

右ドラッグで黄色い矩形をリサイズできます。ダイアグラムエディタに表示したい部分を囲むようにリサイズしてください。サイズも自由に変更できるので、図の拡大/縮小もこれで調整できます。大きな図の編集中にとても便利です。ぜひご活用ください。



マップビューを隠す

マップビューの利用頻度が低い場合や、その下のプロパティビューの表示範囲を広げたい場合は、マップビューを隠すことができます。

  1. メインメニューから[ツール] - [システムプロパティ]を選択します。
  2. 開くダイアログで、左メニューから[プロジェクトビュー]を選択して、ハイライトのオプションのチェックを外して、[適用]-[了解]を押します。
    マップビューを隠す設定項目
  3. astah*を再起動します
  4. [マップビュー]がなくなり、[構造ツリー]ビューに[マップ]タブが追加されました。
    マップタブの表示