english japanese

Version 5.0 リリースノート


リリース日: 2021年2月26日
モデルバージョン: 6
同梱Java: jre8u275(AdoptOpenJDK)


アップデートしました!


モデルのマージ対応

プロジェクトファイルをマージできるようにしました。複数人で作成・編集したモデルを、差分を確認しながら統合できるようになりました。 合わせて、差分を確認できる比較機能も改善し、差分を確認しやすいように改善しました。
[ファイル]メニューの[プロジェクトの比較とマージ]からご利用ください。

別ツールcameoとの連携強化

cameoとの連携に追加対応しました。作成したモデルをさらに活用できます。新たに、要求図、ユースケース図、アクティビティ図、ステートマシン図の情報をCameo Systems Modelerにインポートできる形式で出力する対応を追加しました。すでに対応済みのブロック定義図とシーケンス図と合わせて、ほとんどのモデルと図情報を連携できるようになりました。
[ツール]メニューの[UML/SysML]ー[XMIエクスポート]から利用できます。

SCDLのハイライト対応

SCDLの要求間の繋がりがわかりやすいように、ハイライト表示するようになりました。選択した要求とつながっているインタラクションを目出すように表示します。

ノート非表示

SysMLの図において、図上のノートを一括で非表示に切り替えられる機能を追加しました。 例えば、メモを一時的に非表示にしてモデルを認識しやすい状態にできます。
図のコンテキストメニューの[ノートの表示]から切り替えられます。

API対応

GSNやSTPA/STAMPなどのAPIを追加しました。モデルや図の参照と編集がプログラムから行えるため、他ツール連携や独自の加工、検証などを効率的に行なえます。

機能追加と改善・不具合修正

全体

[8980]
図上の全ノートを非表示にできる機能を追加しました。図のコンテキストメニューから表示を切り替えられます。
[8783]
SysML以外のモデル要素も構造ツリーからマインドマップにドラッグ&ドロップすることでトピックを作成できるようにしました。
[9235]
比較機能において、差分を見やすいように見た目の改善を行い、図の差分表示のボタンを追加しました。
[9131]
マージのときに別のモデルが同一と扱われる場合の対応のため、全てのモデルのIDのリセット機能を追加しました。[ツール]ー[モデル補正]ー[全てのモデルのIDをリセット] のメニューから実行できます。
[8813]
[不正なモデルをチェック]の機能において、図要素に関する不正モデル検出ルールを追加しました。
[8958]
ツールバーから透明色を設定した場合、前回設定の色に透明色の情報も含むようにしました。
[8995]
[不正なモデルをチェック]の機能に、ショートカットキーを割り当てました。
[8808]
[不正なモデルをチェック]の機能において、マインドマップの不正モデル検出の制約ルールを追加しました。
[8592]
[不正なモデルをチェック]の機能において、進捗表示を改善しました。
[8266]
ステレオタイプ追加のショートカットキーが動作しないようになっていた問題を修正しました。
[8720]
共有表記のネスト線を付け替えできない図要素に付け替えようとすると、例外が発生する不具合を修正しました。
[8772]
英語ラベルやメッセージを改善しました。
[8839]
図の比較ビューを表示させると、ダイアグラムエディタの最大化が解除されてサイズが変更される問題を修正しました。
[8954]
アプリケーション本体のライセンスのみを持ち出している場合に、プラグインのライセンスの通信エラーが報告される不具合を修正しました。
[8976]
状態遷移表プラグインをインストールした状態で、STAMPの表を作成すると例外が発生する問題を修正しました。
[9041]
リファレンスマニュアルにおいて、拡大・縮小のショートカットキーが逆になっている問題を修正しました。
[9060]
図の余白が大きくなりすぎる場合がある問題を修正しました。
[9061]
[曖昧化したプロジェクトファイル出力]機能において、簡易プロファイルやユーザ定義プロファイルへの扱いを改善しました。
[9069]
図要素のコピーペーストで例外が発生する場合がある問題を修正しました。
[9081]
ライセンスのサポート期間表示で、正しく期間を表示するようにしました。
[9232]
図の差分の表示で、高解像度環境におけるシステムの拡大率を反映するようにしました。
[9231]
構造ツリーから図へアクターやインターフェースをドラッグ&ドロップした場合に、システムプロパティにおける初期色の設定が反映されるようにしました。
[9191]
テキストボックスのフォントサイズを大きくすると枠からはみ出る場合がある問題を修正しました。
[9258]
表の画像出力結果や印刷結果のカラム幅がエディタ領域の幅に依存しないようにしました。
[9162]
モデルを変更する時間がかかる処理において、進捗ダイアログの表示が滞る場合がある問題を修正しました。
[9169]
[不正なモデルをチェック]の機能において、プロジェクトの構成モデルも検出対応に含むように修正しました。

SCDL

[0710]
SCDLの要求やインタラクションについて、要求の選択時に上流や下流がハイライトされるようにしました。
[0786]
要求から要求グループへ作成した引き出し線が不正モデルとして検出される問題を修正しました。
[0787]
要求グループペアリング作成のUndo/Redo後に不正モデルが検出される問題を修正しました。
[0788]
SCDLのXMLインポートで不正モデルが検出される場合がある問題を修正しました。
[0794]
XMLインポート・エクスポートにおいて、要求グループペアリングのデータの一部を正しく扱えていなかった問題を修正しました。
[0826]
要求と要求グループペアリングの間に直角線モードで引き出し線を作成すると回り込む問題を修正しました。

GSN

[0492]
GSNの要素を参照、編集するAPIを追加しました。
[0495]
GSNの不正モデル検出の制約ルールを追加しました。
[0474]
関係線の下に重なっている図要素の順序を最前面にしても見た目上は変化がない場合がある問題を修正しました。

STPA

[1876]
STPAの編集、参照用のAPIを追加しました。
[3117]
複数コンポーネントのコンテキストメニューから「プロセスモデル区画の表示」をオフにした時に、「コマンドを実行できません」というメッセージが表示される問題を修正しました。
[3142]
何も起きない想定の操作を行うと「コマンドを実行できません」のアラートが表示される問題を修正しました。
[3144]
蛍光ペンに線色を設定した場合に、不透明度がクリアされてしまう問題を修正しました。
[3151]
表の編集中に、特定の状況で応答がなくなることがある問題を修正しました。

SysML

[0857]
safetyからcameoにインポートできるように、要求図の情報のエクスポートに対応しました。
[0870]
safetyからcameoにインポートできるように、アクティビティ図の情報のエクスポートに対応しました。
[1707]
safetyからcameoにインポートできるように、ステートマシン図の情報のエクスポートに対応しました。
[1770]
safetyからcameoにインポートできるように、ユースケース図の情報のエクスポートに対応しました。
[1645]
ユースケース図において、アクターは、属性と操作の区画を表示しないようにしました。
[8889]
ステートマシン図において、内部遷移のアクションをプロパティビューから編集しても、図要素が更新されず変更が図上に反映されない場合がる問題を修正しました。
[1379]
編集ができないSysML::LibrariesにExcelから要求をインポートした場合のメッセージをわかりやすいものに改善しました。
[1455]
内部ブロック図において、パートが既存の図要素の裏側に作成される問題を修正しました。
[1501]
パッケージからUnitへ、ネスト関係を生成できるようにしました。
[1552]
ブロックのポートを表示した場合に、すでに存在しているポートの位置も変わってしまう問題を修正しました。
[1593]
関連のプロパティビューから、CompositeなプロパティをSharedに変更すると、関連の両端がCompositeな関連ができる問題を修正しました。
[1634]
要求図において、要求の図要素上に構造ツリーからマインドマップのトピックをドラッグ&ドロップすると、要求モデル配下に操作や属性を作成できてしまう問題を修正しました。
[1637]
シーケンス図において、非同期のメッセージを付け替えて自己メッセージに変更すると実行仕様がネスト表示されてしまう問題を修正しました。
[1638]
シーケンス図において、自己メッセージのメッセージ種別を非同期に変更しても実行仕様のネスト表示が解除されない問題を修正しました。
[1646]
編集不可の型を持つライフラインへのメッセージで、操作を新規作成した場合のメッセージをわかりやすいものに改善しました。
[1647]
パートプロパティの図要素の前後関係の順序が2回実行しないと変更されない場合がある問題を修正しました。
[1650]
制約が付加された洗練などの関係線の付け替えで、制約が失われる場合がある問題を修正しました。
[1669]
シーケンス図でフレームからのメッセージのデータが不適切な値をもつ場合がある問題を修正しました。
[1690]
ポートのコンテキストメニューの[インターフェースの表示]で例外が発生することがある問題を修正しました。
[1694]
シーケンス図で、時間制約がメッセージと一緒に移動しない場合がある問題を修正しました。
[1711]
ポートの整列で接続している提供・要求インターフェースが整列しない問題を修正しました。
[1719]
シーケンス図で、複合フラグメント内のメッセージを複合フラグメント外に移動すると一部のモデルが削除されてしまう問題を修正しました。
[1780]
既存の実現と重複するような実現の作成を試みた後に、ポート図要素のインターフェースの表示を行うと例外が発生する問題を修正しました。
[1781]
内部ブロック図でパス表記の参照プロパティを表示した後の編集で例外が発生する場合がある問題を修正しました。
[1814]
ステレオタイプのタグ付き値を編集して移動すると例外が発生する問題を修正しました。
[1834]
差分画面においてコネクタの形状のみ差分のあるプロジェクトを比較すると図配下のモデルが表示される問題を修正しました。
[1798]
ライフラインの型に要求を設定できないようにしました。
[1835]
制約プロパティ上の制約パラメータを制約プロパティ図要素の隅に移動させると不正モデルになる場合がある問題を修正しました。
[1857]
シーケンス図において、特定の編集操作により不正なモデルができる問題を修正し、不正モデルがあった場合には修復するようにしました。
[1859]
バリュープロパティの型をプロジェクトビューから変更することができない問題を修正しました。

Mindmap

[1729]
閉じた枝がある場合のマインドマップ編集時の性能を改善しました。
[1663]
マインドマップテンプレートとして保存したプロジェクトを読み込んだ場合の問題に対処しました。
[1724]
マインドマップのリンクのスタイルを変更しても表示がすぐに更新されない場合がある問題を修正しました。
[8988]
トピックにイメージを追加した場合にイメージに枠線が表示される問題を修正しました。
[9194]
トピックを開閉すると接続しているトピック間リンクのノブが表示されなくなる問題を修正しました。
[9264]
トピック間リンクが接続されたトピックを閉じてもリンクの表示が残ってしまう場合がある問題を修正しました。
[1544]
マインドマップのテキストの「枠の太さ」をコンテキストメニューから変更した場合に、コンテキストメニューの表示が反映されない問題を修正しました。
[1063]
SysMLのLibraryパッケージをマインドマップにドラッグ&ドロップできるようにしました。
[7242]
マインドマップのテキストの枠を表示するとコンテキストメニューの線の太さがどれも選ばれていない状態になる問題を修正しました。