english japanese

[pro, UML] 便利な機能



WordやExcelへの図や画像のコピー&ペースト(SVG、EMF、JPEG、PNG)

WordやExcelに図を貼り付る場合に、JPEG、PNG、EMF、SVG形式を利用できます。 上部メニュー[ツール]-[図を画像ファイルに出力]から保存形式を選択してください。また、図上の図要素のポップアップメニューから[クリップボードにコピー]を選択してコピーできます。

ベクター(EMF、SVG)形式は、貼り付け後に画像の縮尺を変更しても画像が劣化しにくいため、ラスター形式より鮮明な画像を利用したいときに便利です。 「グル―プ化」を解除することで編集も可能ですが、一部表示が乱れる場合があります。

[Tips] 作成した図を画像ファイルに出力 - SVG形式保存の注意 (pro, UML)

[Tips] astah*で描いた図をWordやExcelに貼付ける

ExportImage_s

アイテムの整列やサイズ揃え

* バージョン6.2からは、要素を移動する際、 整列ガイド(他の要素との位置揃えのガイド)が表示されます。

  • 要素を選択し、メインメニュー[整列]-[横の整列、縦の整列、サイズ揃え]を選択する
    alignment_menu

  • 要素を選択し、ショートカットキーで整列させる
  • 要素を選択し、ツールバーのボタンから選択する
    alignment_button

alignment_sample

関連する図へのジャンプ

構造ツリーで選択したモデルがどの図にあるか調べる場合、構造ツリーの要素のポップアップメニュー[図要素へジャンプ] から 参照先の図を選択します。この機能を利用して大きなモデルの編集負荷を軽減できます。

JumpToDiagram_s

構造ツリーの関連するモデルへのジャンプ

図要素が構造ツリーのどの階層にあるか調べられます。

  • 図要素のポップアップメニュー[構造ツリー上のモデルへジャンプ] を選択すると、構造ツリー上の要素が選択状態になる
  • 図ビューで、図の名前のポップアップメニューから[構造ツリー上のモデルへジャンプ]を選択する
  • 検索ビューで、要素のポップアップメニューから[図要素へジャンプ]、[構造ツリー上のモデルへジャンプ] を選択する

JumpToTree_s

関連するクラスを図に追加

あるクラスに対して関係(関連、汎化、実現、依存関係など)を持つクラスを、一括して図上に追加します。図上のクラスのポップアップメニュー[関係するクラスを図に追加]を選択します。 クラス図をより簡単に作成できます。

ShowRelatedClass_s

あるクラスを中心としたクラス図の自動生成

作成したモデルから、あるクラスを中心としたクラス図/詳細クラス図を自動生成します。 構造ツリーのクラスのポップアップメニューから、[クラス図/詳細クラス図の自動生成] を選択します。
詳細なクラス図では属性/操作を表示します。 関係するクラスを図に追加する機能と組み合わせて、クラス図の作成がさらに容易になります。

AutoCreateClassDiagram_s