astah* 8.3 リリースノート


リリース日: 2020年11月25日
モデルバージョン: 39
同梱Java: AdoptOpenJDK 8u272-b10
システム要件

What's new in v8.3?


構造ツリー上のフィルタリング
構造ツリーでモデルの
フィルタリング可能に
名前や種類で構造ツリーに表示をフィルタリングすることで
目的のモデルや図にたどり着きやすくなりました。
サブパッケージを展開してクラス図を自動生成する
サブパッケージを展開して
クラス図を自動生成
ソースコードの読み込みで取り込んだモデルや図を分けて作成したモデルについて、プロジェクトあるいはパッケージ全体の静的構造を把握しやすくなりました。

フローチャート
SVG形式の画像が使用可能に
画像、ステレオタイプ拡張アイコン、フロー記号で使用可能です。また、拡張アイコンやフロー記号については複数まとめて登録できるようになりました。
線の交差点表現
線の交差点のジャンプがさらに便利に
図や線ごと、またノートアンカーについてジャンプの有無を設定可能に。また、交差点をギャップとして表現できるようになりました。

自動レイアウト
図要素の
自動レイアウト機能を刷新
階層的に垂直方向あるいは水平方向にレイアウトします。シーケンス図以外の図について利用できます。
スケルトンコード生成
スケルトンコードの作成時
既存のコードに上書き可能に
モデルへの変更を編集された既存のファイルのソースコードを残すように反映できるようになりました。

機能追加・改善・不具合修正

全体

[7621]
構造ツリーでモデルのフィルタリング可能に
名前や種類で構造ツリーに表示をフィルタリングすることで、目的のモデルや図にたどり着きやすくなりました。 構造ツリーフィルタ


[7098]
クラス図を自動生成時に、[サブパッケージを展開]メニューを選択することで、サブパッケージ内のモデルも展開して作成できるようになりました。
クラス図の自動生成


[7847]
画像、ステレオタイプ拡張アイコンフロー記号にSVG形式画像を使用可能になりました。
また、拡張アイコンフロー記号については複数画像をまとめて登録できるようになりました。
ステレオタイプ拡張アイコン


[7828]
図や線ごと、またノートアンカーについてジャンプの有無を設定できるようになりました
また、交差点をギャップとして表現できるようになりました。

交差点でのジャンプ表現スタイル


[7945]
図の自動レイアウトを刷新し、階層的に垂直方向あるいは水平方向にレイアウトできるようになりました。
(※シーケンス図を除く)
図の自動レイアウト


[7835]
構造ツリーからモデルを図要素へドラッグ&ドロップすることで、ハイパーリンクを追加できるようになりました。
ドラッグによるハイパーリンクの作成

[7848]
線のラベルを初期位置に戻す機能を追加しました。例えば、関連線が密集する場合に、関連のポップアップメニュー[ラベル位置の初期化]から、関連名を関連線の中央に戻すことができます。
関連名の位置リセット

[4197]
画像を圧縮してファイルを保存するようにしました。(場合によってはファイルサイズが大きくなることもあります)
[7825]
検索ビューのフォーカス位置を維持するようにしました。(起動後初回は検索テキスト入力フィールド)
[8028]
構造ツリー検索ビュー図上検索、コンテンツアシストにおいてキャメルケース、ワイルドカード(*, ?)検索を可能としました。
[7438]
モデル補正により不正に存在する図を削除するようにしました。
[7711]
図の編集時、入力内容が問い合わせ画面等の確定をするまで一旦元に戻ってしまう不具合を修正しました。
[7814]
拡張アイコン表記の図要素について、ステレオタイプのアイコンを変更しても図の表示がすぐには反映されない不具合を修正しました。
[7868]
配下に許容されていない同名モデルがあるパッケージの複製すると無限ループになる不具合を修正しました。
[7878]
モデル補正について、許容されていない同名モデルについて、検出、補正可能としました。
[7879]
画像プレゼンテーションについて、ハイパーリンク情報の幅、高さが、図要素のサイズではなく、元となる画像のサイズ表示される不具合を修正しました。
[7880]
画像プレゼンテーションについて、ハイパーリンク情報の名前がnull[図要素]と表示される不具合を修正しました。
[7885]
図のフレームに名前を設定しても表示されない場合がある不具合を修正しました。
[7910]
図要素をまとめて移動によりリサイズされる図要素について、自動リサイズがONのままになります。
[7944]
構造ツリーからクラスを削除時、不意に表示範囲が移動する事がある不具合を修正しました。
[7973]
線の交差点ジャンプについて性能を改善しました。
[8011]
図上検索の大文字・小文字を区別のオプション変更後が有効にならないことのある不具合を修正しました。
[7838]
コマンドラインからの画像出力時、一つの図についてエラーが発生しても、以降の図について出力するようにしました。
[7842]
図上にポップアップメニューが出ている状態でCtrl+右ドラッグすると例外が発生する不具合を修正しました。
[7991]
図上にポップアップメニューが出ている状態で右ドラッグするとパンされない不具合を修正しました。

クラス図

[7948]
APIによるクラス属性の表示/非表示を変更を可能にしました。
[7673]
クラス図のハイパーリンクアイコンを右クリックしてもハイパーリンクのポップアップが表示されない不具合を修正しました。
[7870]
同名の関連クラスが生成される場合がある不具合を修正しました。
[7876]
配下に許容されていない同名モデルがあるパッケージからクラス図を自動生成時に例外発生する不具合を修正しました。
[7899]
astah*間で匿名バウンドクラスをコピーペーストしたときの不具合を修正しました。
  • 実パラメタが匿名バウンドクラスになっている匿名バウンドクラス
  • テンプレートクラスの型が匿名バウンドクラスになっている匿名バウンドクラス
  • テンプレートクラスの型のデフォルトが匿名バウンドクラスになっている匿名バウンドクラス
  • テンプレートクラスが匿名クラスになっている匿名バウンドクラス

プロジェクト比較・マージ

[7867]
差分ツリー比較一覧上で、表示情報のみの差分しかない図を非表示可能としました。
プロジェクトのマージ

[7678]
比較一覧での表の列順を記憶するようにしました。
[7811]
追加されたモデルに対して、ツリー上で誤って削除アイコンが付与される不具合を修正しました。
[7927]
名前空間を全て表示しているクラスに繋がっているノートが存在するファイルをマージ時に例外が発生する不具合を修正しました。

フローチャート

[7919]
フロー記号にSVG形式の画像を利用できるようになりました。
[7696]
フロー記号テンプレートへのアイコン追加、削除、移動を複数同時に行えるようにしました。
フロー記号パレット
[7633]
図要素をまとめて移動すると遷移の節点がハイライト通りにならないことがあるする不具合を修正しました。
[7139]
フロー記号テンプレートファイルが不正だった場合に、テンプレートから除外するようにしました。

ER図

[7826]
ER属性のプロパティビューにてドメインのコンボボックスに名前空間を表示するようにしました。
[7916]
ERエンティティの型変更時、システムプロパティで対応した色が設定されていない場合には元の色を維持するようにしました。
[7911]
APIを使って、ERエンティティの型として任意の値を指定可能としました。
[7953]
非表示のER属性を削除時、削除した属性のidが残る不具合を修正しました。
[7912]
ERエンティティの型を変更しても、図要素の色が変更されない不具合を修正しました。
[7946]
APIを使って、ER属性の表示/非表示を変更すると、例外が発生する場合がある不具合を修正しました。
[7947]
APIを使って、すべてのER属性を表示状態にできない不具合を修正しました。

アクティビティ図

[7633]
図要素をまとめて移動すると遷移の節点がハイライト通りにならないことがあるする不具合を修正しました。
[7923]
フローのガード、アクションについて、分数や配列を表現可能としました。

ステートマシン図

[6942]
遷移のトリガー、ガード、アクションについてバックスラッシュにより文字をエスケープし、分数や配列を表現可能としました。

ユースケース図

[7298]
プロパティビューから拡張点を改行キーの入力によって追加すると2つずつ追加される不具合を修正しました。

ソースコード

[7829]
モデルへの変更を編集された既存のファイルのソースコードを残すように反映できるようになりました。
ソースコード生成時のオプションメニューで設定を有効にします。
(参考: Javaソースコード出力 | C++ソースコード出力 | C#ソースコード出力)
スケルトンコードの生成オプション

[7900]
Javaソースコードの読み込みで、コメント内の空白やアスタリスクが取り込まれてしまう事がある不具合を修正しました。
[7855]
インデントされない場合がある不具合を修正しました。

Windowsインストーラ

[7807]
インストーラでプログラムグループの設定ができない場合がないようにしました。

Mac

[7851]
Retinaディスプレイ環境において図の比較画面で「左右両方の図の出力」をすると、図の一部が切り取られた画像が出力される不具合を修正しました。
[6365]
コンテキストメニューからコピーを選択した時、例外発生する不具合を修正しました。
[7737]
プロパティビューの制約タブで改行を含む制約を選択すると例外が発生する不具合を修正しました。
[7905]
ファイル選択画面で選択対象ではない拡張子が選択できないようにしました。
[8097]
QuickLookを動作保証対象外としました。