english japanese

astah* 8.2 リリースノート


リリース日: 2019年11月27日
モデルバージョン: 38
同梱Java: AdoptOpenJDK 8u222-b10

アップデートしました!


astah8.2 線の交差点でジャンプ

線の交差点でジャンプ!

通常線および直角線について、線が交差する箇所でジャンプするような表示をすることが可能になりました。線が交差してもつながる先が認識しやすくなるとともに、図要素の配置に要するコストも軽減されます。
ジャンプ表示は、システムプロパティで非表示にできます
ご要望をいただいたみなさま、ありがとうございました。

Ver 8.2にアップデートする


プロジェクトの比較・
マージが使いやすくなりました

比較・マージの差分一覧において、その理由により色分けしたり、表示のみの差分のフィルタリングを可能とすることでプロジェクトファイルの差分を把握しやすくなりました。

詳細を確認する

astah*プロジェクトの比較とマージが使いやすくなりました


Ver8.2 アップデート方法



astah*を起動して、[ヘルプ] - [ソフトウエアの更新確認]を選択してください。

asta新バージョン使用可の場合

[利用可否] 〇の場合

  • アップデートが可能です。左下の[ダウンロードサイト]ボタンを押して、ダウンロードページに進み、Ver8.2をダウンロードしてください。
    ライセンスのサポート期間が有効であることをご存知の場合は、ダウンロードページから、Ver8.2をダウンロードできます。
Ver 8.2をダウンロードする



asta新バージョン使用不可の場合

[利用可否] ×の場合

  • ライセンスのサポートを延長する必要があります。
    サポートライセンスを購入してサポート期間を延長してください。

FAQ -サポート期間延長方法


機能追加と改善・不具合修正

全体

[5113]
通常線および直角線について、線が交差する箇所では線がジャンプするような表現をすることが可能になりました
(Windowsのみ)図要素にURLをドラッグアンドドロップした時、ショートカットファイルへのリンクではなくURLが設定されるようにしました。
[5939]
ノートの複数選択時のポップアップメニューで、ステレオタイプの表示/非表示をまとめて変更可能としました。
[6188]
ベースクラス作成時に改行を含むクラスを作成できないようにしました。
[6528]
縦横の比率を保ってリサイズされるべき要素についてサイズ揃えの結果も縦横比率が保たれるようにしました。
[7196]
ウィンドウの整列時、図の開閉やダイアグラムエディタのサイズ変更を行った場合でも整列状態が維持されるようにしました。
[7323]
新規図要素のサイズを有効にしてパッケージの中にパッケージを作成した時に親パッケージのサイズを変更するようにしました。
[7341]
別名表示の時に名前空間を表示するようにした時、親についても別名が表示されるようにしました。
[7425]
ツールボタンから編集を取り消す・やり直す、表示を拡大する・縮小するを実行すると、2回分実行されることがないようにしました。
[7428]
自己遷移線の作成時、線のスタイルの設定に応じた形状になるようにしました。
[7435]
ステレオタイプ別色設定で言語設定された図要素の色が変わらない問題を修正しました。
[7444]
テキストならびにノートの作成時、自動リサイズを初期状態としました。
[7479]
ファイル選択画面を開いた時または操作した時にショートカットエラーのダイアログが表示されないようにしました。
[7523]
親子関係にある内包するように表示されている図要素が複数選択されている場合、各親同士でサイズが揃えられるようにしました。
[7572]
コピー先のVMに存在しないサブシステムをベースクラスとして持つライフラインを別VMコピペすると例外が発生しないようにしました。
[7576]
ハイパーリンクの名前を編集時、入力内容がコメントに設定されないようにしました。
[7614]
「移動時のグリッド補正操作を切替える」を有効にしているとキー操作での移動ができない問題を修正しました。
[7623]
一部の表形式のビューについてヘッダ部分にツールチップを表示するようにしました。
[7656]
矩形外の名前領域をダブルクリックすると新規図要素が作成されることがある問題を修正しました。
[7495]
(Macのみ)下線を持つ図要素を含む図をPDFに印刷すると文字化けする不具合を修正しました。

プロジェクト比較・マージ

新たに表示情報のみの差分について分類するようにしました。
表示情報のみの差分をフィルタリング可能としました
設定項目の状態を記憶するようにしました。
差分一覧表に追加、削除、更新の状態を表す列を追加しました。
追加、削除、更新の状態に従って、行の背景を色分けするようにしました。
差分一覧表の列の初期順序を変更しました。
差分のエクスポートを差分一覧と同等の内容で出力するようにしました。
差分のエクスポートをCSV形式で出力するようにしました
astah*プロジェクトの比較とマージが使いやすくなりました
[7628]
プロジェクトの比較において「取込中のプロジェクトにだけあります」と表示されていたので修正しました。
[7629]
詳細マージダイアログの「作業中の要素を優先する」でソートしてもチェックボックスの選択状態が変更されないようにしました。
[7631]
プロジェクトの比較ダイアログで種類の列にアイコンを表示するようにしました。
[7637]
差分一覧のエクスポート後に当該ファイルを開いてもファイルのロックがかかったままにならないようにしました。

メニュー

ウィンドウの整列機能の改善 ウィンドウの整列中に図の開閉やサイズ変更を行った場合でも整列状態が維持されるようにすることで、大画面でのモデリングやレビューを行いやすくしました。

ツールメニューのメニューの配置を変更しました。また、リンク切れハイパーリンクの検索メニューを削除しました。
リンク切れハイパーリンクの検索は、プロジェクトビューの検索タブにて行うことが可能です
[7587]
図要素ならびにウィンドウの整列メニューにアクセスしやすいよう配置を変更しました。

プロジェクトビュー

構造ツリーや別名ビューの煩わしい振舞について見直しました 構造ツリーや別名ビューのツリーが不都合に開いたり、閉じたりする振舞いを見直すなどプロジェクトビューの操作性を改善しました。

[1114]
構造ツリーから図へモデルをドラッグアンドドロップした時、ツリーにおいてそのモデルの子要素(クラスの場合、属性や操作)が展開されないようにしました。
[1380]
マインドマップのトピック編集時、展開していたトピックが勝手に閉じないようにしました。
[1959]
図上でマインドマップのトピック名を修正すると、構造ツリー上の表示が勝手に閉じてしまう不具合を修正しました。
[3120]
継承ツリー内でドラッグアンドドロップは効果がないため実行できないようにしました。
[5443]
構造ツリーで図の表示順が変わる名前変更をしても、開いていたパッケージが閉じないようにしました。
[5918]
構造ツリーで、パッケージの削除時に、他のパッケージが展開されることがないようにしました。
リンク切れのハイパーリンクの検索で、図要素・モデルへのリンクも検索対象に含めるようにしました。
[6820]
検索ビューで<<描画されないモデル>>に関連クラスも表示するようにしました。
[7288]
別名ビューで編集操作を行うと、勝手にツリーが閉じないようにしました。
(Windowsのみ)別名ビューから、図やツリー内にモデルをドラッグアンドドロップして、図要素を作成することを可能としました。
[7571]
マップビューの縮尺を図要素が配置されている領域に応じて更新するようにしました。
[7584]
別名ビューでモデルが追加された時、関係する図要素のツリーが展開されないようにしました。
[7608]
別名ビューからテキストやノートの別名を編集時に表示される画面の初期表示サイズを適切にしました。

アクティビティ図

[4841]
フレームのリサイズでアクティビティパラメータノードが外れる不具合を修正しました。
[5797]
整列するとアクティビティパラメータノードがフレームから外れる不具合を修正しました。
[7469]
図上でピンの状態を選択してもプロパティビューでオブジェクト名を複数行入力できないようにしました。
[7697]
オブジェクトノードで例外のアイコンとミニアイコンが重なって表示されないようにしました。
[7698]
アクションが拡張アイコン表記の時、ステレオタイプの幅より小さい幅に変更できない不具合を修正しました。
拡張アイコン
[7700]
オブジェクトノードが拡張アイコン表記の時、ポップアップメニューから状態を設定、削除した場合、表示が更新されるようにしました。
オブジェクトノード
[7701]
オブジェクトノードをリサイズしたときに右上に表示されている例外の位置も更新されるようにしました。

アクティビティ図、コミュニケーション図

[7632]
オブジェクトノードが拡張アイコン表記の時、編集状態に入ると名前が変更される不具合を修正しました。

クラス図

[7063]
インタフェースに接続された関連を初期位置から変更している場合に別の関連を新規作成すると既存の関連のレイアウトがリセットされてしまう不具合を修正しました。
[7305]
「線の端点を図要素の中心に設定する」オプションをオフにしていてもインタフェースの端点が中心になる不具合を修正しました。
[7340]
クラスの名前空間を全親を表示するようにした時、名前が領域外に出ないようにしました。
[7498]
限定子を選択して、関係線の形状を変更すると例外が発生する不具合を修正しました。
[7553]
インタフェースとクラスの間に関連を複数作成する時、端点を自動でずらすようにしました。

シーケンス図

[1446]
シーケンス図からインタフェースに操作を追加した場合にabstract属性がtrueになるようにしました。
[7311]
Replyメッセージのポップアップメニューに分岐メッセージの作成が表示されないようにしました。
[7478]
クラス図においてマウスによるクラスの操作入れ替えをするとメッセージと操作の参照関係が切れてしまう不具合を修正しました。
[7510]
シーケンス図で自己メッセージを削除後にUndo、Redoすると例外が発生する不具合を修正しました。
[7567]
メッセージのベースタブで操作をUnspecifiedにすると新規作成ボタンが非活性になってしまう不具合を修正しました。
[7699]
シーケンス図のライフラインが拡張アイコン表記の場合、「図を更新」によって図要素が不正なサイズに変更されないようにしました。

ステートマシン図

[7302]
領域を持つ状態と、その中の状態とでサイズ揃えが実行されないようにしました。

フローチャート

フローチャートにおいてフロー終了ノードをツールバーから作成可能とし、アイコン設定画面には表示されないようにしました。
[7475]
のみ)Viewerにカスタムツールバーが表示されておりフローチャートを編集できないようにしました。

ステートマシン図、アクティビティ図、フローチャート

[7460]
図要素間への挿入を行うと追加される遷移のスタイルを挿入される遷移のスタイルと同じになるようにしました。(フローチャート

シーケンス図、アクティビティ図、フローチャート

[6446]
図の表示領域外にあるライフラインまたはパーティションについてホバー表示されない場合がある不具合を修正しました。(フローチャート

ER図

[6583]
シフトキーを押しながらエンティティ属性を選択すると、意図しない属性が選択されないようにしました。
[6807]
エンティティの属性の移動順が表示順と同じになるようにしました。
[7556]
エンティティの図上表示で、属性名と属性のデータ型の文字列が重なることがないようにしました。

マインドマップ

[0363]
自動リサイズがオフのトピックから画像を削除した時にトピックの文字列が領域外に出ないようにしました。
[3535]
(Macのみ)Cmd+EやCmd+Iでトピックを編集状態にしてアルファベットを入力すると一文字目が入力されない不具合を修正しました。
[6709]
マインドマップから出力したPowerPointを開いた時文字化けしないようにしました。
[7524]
マインドマップでエッジを選択しカーソルキーを入力すると例外が発生する不具合を修正しました。
[7525]
マインドマップのエッジ等を選択時にカーソルキーを押下すると、エッジ等の選択が残ったままにならないようにしました。
[7531]
マインドマップでエッジ選択時、カーソルキー押下するとルートピックではなく、隣接するトピックに移動するようにしました。
[7532]
文字列が長いマインドマップトピックのフォント変更時に設定画面が大きく表示されないようにしました。

システムプロパティ

[6150]
システムプロパティの新規図要素のサイズの入力値のチェックについて修正しました。
[6991]
新規図要素のサイズで指定されたライフラインのサイズが、構造ツリーからのドラッグアンドドロップでの作成時に反映されるようにしました。
[6992]
新規図要素のサイズで指定されたインスタンス仕様のサイズが、構造ツリーからのドラッグアンドドロップでの作成時に反映されるようにしました。
[6993]
新規図要素のサイズで指定されたクラスのサイズが、構造ツリーからのドラッグアンドドロップでの作成時に関連クラスのサイズが反映されるようにしました。
システムプロパティの印刷に関する設定を[印刷]の設定で行うように変更しました。
print_setting
[7434]
システムプロパティの変更時に不必要な図の更新が実行されないようにしました。

CRUD

[6391]
CRUDのタイトル上部が一部表示されないことがある不具合を修正しました。

出力

[6988]
CSV:CSV出力時にデフォルトの出力ファイル名を設定するようにしました。
[7546]
XML:プロジェクトファイルの編集前後でXML出力の結果の差分が少なくなるように改善しました。
[7586]
HTML:HTML作成で前回指定した出力先フォルダも作成されてしまう不具合を修正しました。