astah*

Japanese | English
Home astah* オンラインマニュアル

[メインメニュー]-[ツール]

Eメール 印刷

ツールメニューでは、入出力の操作やシステムプロパティの設定を行います。

mainmenu tool_123
メニュー名称機能
図を画像ファイルに出力 ダイアグラムエディタに表示されている図を画像ファイルに出力します。
スクリプト スクリプト言語で astahにアクセスできます。ECMAScript(JavaScript)の編集と実行が可能です。
HTML作成 (javadoc) 開いているプロジェクトのAPIドキュメントをHTMLのjavadoc 形式で作成します。
CSV出力 クラス一覧、属性一覧、操作一覧、ユースケース一覧をカンマ区切りのCSV 形式で出力します。
XML入出力【P】 XMI1.1 形式で記述されたXMLプロジェクトファイルを入出力します。
RTFドキュメント作成 開いているプロジェクトのAPI ドキュメントをRTF 形式で作成します。
マインドマップ (1) RTFドキュメン ト作成 - 開いているマインドマップのAPIドキュメントをRTF形式で作成します。
(2) PowerPoint 作成 - 開いているマインドマップをPowerPoint形式で出力します。
Java (1) Javaソース コードの読み込み - .javaファイルを読み込んで、そのクラス(モデル要素)と親パッケージをプロジェクト配下に生成します。
(2) Javaスケル トンコードの作成 - 選択されたアイテムのJavaスケルトンコードを作成します。クラスやメソッドの定義はドキュメンテーションコメントとして出力します。
C# C#スケルトンコードの作成 - 選択されたアイテムのC#スケルトンコードを作成します。クラスやメソッドの定義はドキュメンテーションコメントとして出力します。
C++ C++スケルトンコードの作成 - 選択されたアイテムのC++スケルトンコードを作成します。クラスやメソッドの定義はドキュメンテーションコメントとして出力します。
ER図【P】

(1) SQLエクスポート - 作成したER 図を元にSQL文を生成します。
(2) ERデータ型の設定
(3) エンティティ定義書のエクスポート - ER図からエンティティ定義書を生成します。
(4) ERモデルから UMLモデルに変換 - プロジェクトファイル内のERモデルをUMLモデルに変換します。
(5) UMLモデルか らERモデルに変換 - プロジェクトファイル内のUMLモデルをERモデルに変換します。

CRUD【P】 (1) CRUDをExcelファイルに出力 - CRUDをExcelファイルに出力します。
(2) 全CRUD統計 レポートをExcelファイルに出力 - 全てのCRUD統計レポートをExcelファイルに出力します。
要求 【P】 (1) 要求テーブルをExcelファイルから入力
(2) 要求テーブルをExcelファイルに出力
トレーサビリティマップ 【P】 (1) トレーサビリティ マップを開く
(2) 全てのトレーサビリティマップを更新
(3) 全てのトレーサ ビリティマップを削除
(4) RTFドキュメント作成 - 開いているトレーサビリティマップのAPIドキュメントをRTF形式で作成します。
テンプレートの設定 (1) ユースケース記述 - ユースケース記述テンプレートを設定します。
(2) フロー記号【P】 - フローチャートで使用するフロー記号のテンプレートを設定します。
(3) マインドマップ スタイル - マインドマップのスタイルテンプレートを設定します。
リンク切れハイパーリンクの検索 リンクの切れているハイパーリンクを抽出します。
ユーザー定義タグ付き値の反 映【P】 ユーザーが定義したタグ付き値を、プロジェクトの各モデル要素に反映します。
外部ツール【P】 外部ツールを設定します。
モデル補正【P】

(1) 不正なモデルを補正 - 以前のバージョンの不具合等により、プロジェクト中に残る不正なモデルを削除、修復します。※UML の整合性をチェック補正する機能ではありません。
(2) 全てのモデルのID のリセット - 全モデルのID を再設定し、複製元と複製後のモデルを、2つの異なるモデルとしてマージします。
ファイルを複製した場合、 複製された全モデルのID は、複製元のものと同一になります。複製されたモデルをリネームした場合でも、そのモデルの持つID は変わりません。その為、プロジェクトのマージ (参照プロジェクト管理のマージ機能も含め)時、複製元のモデルと、複製後のモデルは名前が異なる場合でも 同一モデルとして扱われます。
実行前は、以下の注意点を ご確認ください。

  • 全モデルのID が再設定される為、複製後にリネームしたモデルと、複製前のモデルが別モデルとして扱われます。
  • クラス図の図要素などについてもマージ(参照)時に新規の図要素として処理されるようになります。
  • この処理は、1つのプロジェクトに対して複数回実行する必要はありません。
  • 処理実行後は [編集を取り消す]ことができません。実行前に、必ずプロジェクトをバックアップしてください。
ライセンス設定 astah*のライセンスを 設定します。評価ライセンスキーの発行もここからできます。
プロジェクト設定

astah*で開いているプロジェクトの設定をします。

  • プロジェクトのプロパティの設定
  • プロジェクトのプロパティの同期
    プロジェクトの設定をシステムプロパティと同期します。
  • ステレオタイプの拡張アイコン設定 【P】
    オリジナルの画像をステレオタイプのアイコンとして設定します。
  • デフォルトフォント
    デフォルトで使用するフォントの種類を設定します。
システムプロパティ システムプロパティで様々な設定が可能です。