english japanese


ツールメニュー
メニュー名 機能
スクリプト
エディタ
スクリプト言語を使用してプロジェクトファイルの情報を取得、編集します。詳細はスクリプトエディタをご覧ください。
Java (1) Javaソースコードの読み込み - .javaファイルを読み込んで、そのクラス(モデル要素)と親パッケージをプロジェクト配下に生成します。
(2) Javaスケルトンコードの作成 - 選択されたアイテムのJavaスケルトンコードを作成します。クラスやメソッドの定義はドキュメンテーションコメントとして出力します。
C# C#スケルトンコードの作成 - 選択されたアイテムのC#スケルトンコードを作成します。クラスやメソッドの定義はドキュメンテーションコメントとして出力します。
C++ C++スケルトンコードの作成 - 選択されたアイテムのC++スケルトンコードを作成します。クラスやメソッドの定義はドキュメンテーションコメントとして出力します。
画像出力 プロジェクト内の図を画像ファイルに出力します。
HTML作成 プロジェクトの内容を、HTMLのjavadoc形式で作成します。
RTFドキュメント作成 開いているプロジェクトのAPIドキュメントをRTF形式で作成します。
CSV出力 クラス、属性、操作、ユースケースの一覧をCSV形式ファイルに出力します。
XML入出力
astah professional
XMI1.1形式で記述されたXMLプロジェクトファイルを入出力します。
マインド
マップ
(1) RTFドキュメント作成 - 開いているマインドマップのAPIドキュメントをRTF形式で作成します
(2) PowerPoint 作成 - マインドマップをPowerPoint形式ファイルに出力します
ER図
astah professional
(1) SQLエクスポート
(2) ERデータ型の設定
(3) まとめてドメインの追加
(4) エンティティ定義書の生成
(5) ERモデルからUMLモデルに変換
(6) UMLモデルからERモデルに変換
CRUD
astah professional
(1) CRUDをExcelファイルに出力
(2) 全CRUD統計レポートをExcelファイルに出力
要求
astah professional
(1) 要求テーブルをExcel形式から入力
(2) 要求テーブルをExcelファイルに出力
トレーサビリティマップ
astah professional
(1) トレーサビリティマップを開く
(2) 全てのトレーサビリティマップを更新く
(3) 全てのトレーサビリティマップを削除
(4) RTFドキュメント作成 - トレーサビリティマップをRTF形式に出力します
テンプレートの設定 (1) ユースケース記述 - ユースケース記述テンプレートを設定します
(2) フロー記号astah professional - フローチャートで使用するアイコンを設定します
(3) マインドマップ スタイル - マインドマップのテンプレートを設定します
外部ツール
astah professional
外部ツールを設定します
ユーザー定義タグ付き値の反映
astah professional
ユーザーが定義したタグ付き値を、プロジェクトの各モデル要素に反映します
モデル補正 astah*の不具合等により生成された不正なモデルを補正します
(UMLの整合性チェック機能ではありません)
プロジェクトの設定 astah*で開いているプロジェクトの設定をします。
  • プロパティの設定
  • プロパティの同期
  • デフォルトフォント
  • ステレオタイプの拡張アイコン設定します astah professional
システム
プロパティ
各種項目のデフォルト値や表示/非表示などを設定